アジスカリ活用方法とアジスカリの選び方【失敗したくない】

アジスカリ活用方法とアジスカリの選び方【失敗したくない】釣り道具関連

こんにちは あきです。

今回のテーマは

スポンサーリンク

アジスカリ活用方法とアジスカリの選び方【失敗したくない】

ですw

ヤエン釣り初心者の方ほど(自分もそうでした)活きエサを使う場合はアジスカリに入れて生かすのが良いと思っている人が多い様ですね

あながち間違いでも無いですw

但し、アジスカリ使う場合は場所と使い方を間違えたら生かすどころか死なしてしまったり、弱らしてしまったりするので注意して下さいねw

どこかで見ましたがアジスカリが逆さまになっても大丈夫って有りましたが、確かに逆さまになっても大丈夫だけど大事なのは逆さまになるって事は安定しないって事ですw

コロコロとアジスカリが動くので中のアジはキズが付いたりして弱りやすくなります。

なのでアジスカリが逆さまになったりと不安定な場合は石やオモリを入れるか、最初からアジスカリ下部にオモリが付いていて水中で安定(自立)するものを選ぶ方が良いと思いますよ!

恥ずかしながら管理人はヤエンを始めて20年以上経過し様々な失敗をしてきました(今も失敗しますが・・)

その経験を基に今回のアジスカリの活用方法や選び方を順を追ってお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそもアジスカリってなんなん?アジスカリの使い方は?

アジスカリ活用方法とアジスカリの選び方【失敗したくない】

これからヤエン釣りを始めようと思っている初心者の方は分からない事だらけでしょうがヤエン釣りには主に活きアジを使ってアオリイカを狙いますが

その際、エサのアジをアジバッカンやアジバケツに入れてエアーポンプで生かす方法もあれば画像の様なアジスカリで海に浸けて生かす方法もあります。

当然ですが海に浸けるアジスカリにはエアーポンプも必要有りませんし水替えも必要有りません。

必要な時にスカリを海から上げてエサである活きアジを取り出して使います。

この様にヤエン釣りをする時にエサである活きアジを入れ海に浸けておくバケツをアジスカリって言います。

商品によってはアジ活かしビクとも言いますが大体はアジスカリで通ります。

そんなアジスカリですが釣り人の使い勝手を考えていろいろ工夫されていたりしますが、アジバケツとの一番の違いはバケツの半分位の所に穴が開いていたりメッシュ状になってる事です。

お分かりのように新鮮な海水がアジスカリ内を循環し活きアジを元気に保つ為に設けられてる機能ですが、もう一つ理由があり海に浸けたアジスカリを釣り人が上げ下げする際にはこのメッシュ部分から余分な海水が抜けて少しだけ海水が底に溜まる様になっています。

この様にアジスカリは陸上に上げてからもアジスカリの海水が全部抜けない様に底1/4程だけ海水が残る便利な仕組みになっています。

先程も少し記載していますがアジスカリを使用するメリットとしては次のような事が上げられると思います。

  1. エアーポンプが要らない
  2. 現地の海水温で管理できる
  3. エアーポンプの気泡をアジが吸わないので潜りやすい
失敗しないエアーポンプの選び方についてはコチラ

釣りで使うエアーポンプ【失敗しない釣り用エアーポンプ選び方】

アジスカリのデメリットととしては

  1. アジスカリの大きさにもよるが海水が抜けると言えども重い
  2. 使える場所が限られる
  3. 釣り場によってはニセスナホリムシ(アジを食べるダンゴ虫みたいな虫)にやられる可能性もある

こんなところでしょうか?

メリットデメリット有りますが一番のメリットはエアーポンプ要らずで電池切れの心配もなくアジが釣り場と同じ環境で居られる事。

デメリットは使う場所が制限される事と思います。

そこら辺を次の章で見て行きましょう!

スポンサーリンク

アジスカリはどんな場所でも使えるの?

アジスカリ活用方法とアジスカリの選び方【失敗したくない】

アジスカリは使えるポイント、使えないポイントが有りどこでも使える訳では無いので注意して下さい。

「へ? どこでも使えるのでは?」とお思いでしょうが100%無理って訳では無いんですが出来たらアジスカリの使用は控えた方が無難とゆうか止めておいた方が良いポイントも有ります。

ポイント別に見て行きましょう!

防波堤でアジスカリは使える?

アジスカリ活用方法とアジスカリの選び方【失敗したくない】

アジスカリが一番使える場所と言えば防波堤ですw

防波堤の場合は比較的穏やかでアジスカリの一番の天敵である波からアジを守ってくれアジスカリも安定するので使用に問題ありません。

別売りされてるロープで防波堤裏などに吊るしておけばエアーポンプ無しでアジは元気に生きています。



 

私がアジスカリを使う際は大体が泊まりで行く時の次の日のエサ用として使います。

次の日までエアーポンプで生かすと電池が余分に必要になってくるのでアジスカリで港に浸けておきます(次の日もアジは元気に生きています)

浸けておく際のポイントとしては底に転がさないで宙吊りにしておく方がアジには良い様に感じますね。

防波堤でも基礎部分にタコやウツボなどが居る場合もあるんで底にべったり浸けると危ないかもしれません

渡船場などでは海底に沈めて置くと船のスクリューの水流でアジスカリの中でもみくちゃにされアジが弱ったり最悪は全滅なんて事も有るので注意しましょう!

又、昼釣りの場合は必要無いですが夜釣りの場合はアジスカリの中にライトを入れる方がアジにストレスも掛かりません(アジが暴れて鼻を打ったりして弱る)のでアジスカリもそうですがアジを購入して釣り場に運ぶまでの道中にもアジライトを入れてやりましょう!

テトラ帯でアジスカリは使える?

アジスカリ活用方法とアジスカリの選び方【失敗したくない】

テトラ帯でアジスカリは使わない方が無難とゆうか賢明です。

そもそもテトラポットは隙間を作る事によりその中に波が入り込んで波のエネルギーが分散され弱まる様に作られていますので、その足元にアジスカリを沈めると言う事は

テトラポットの隙間に吸い込まれていく事を意味します。

なのでテトラポットからの釣りではアジスカリは当然ですが先日ご紹介したアオリイカを入れておくスカリを浸ける際は注意して下さい(場所によっては大丈夫な所もある)

テトラ(消波ブロック)=吸い込む力が常に働いてます。

アジスカリ活用方法とアジスカリの選び方【失敗したくない】

波は周期的に大きい波が来たり船が通過する際の波も来ますのでべた凪だから大丈夫って事は有りません。

テトラ帯で落水でもしたら水流により奥へ吸い込まれて行きます、特にテトラが大きくなればなるほど波の荒い場所に設置されるので小さいテトラの様なお手頃感も無くなりますのでよほどの注意が必要です。

この記事はテトラポットでの釣りを推奨するものでも無く、テトラポットでの危険性を提唱する意味でもあり参考頂き安全な釣りを心掛けて下さい。

磯場でアジスカリは使える?

アジスカリ活用方法とアジスカリの選び方【失敗したくない】

磯場でアジスカリは使える場所と使えない場所があります。

基本、使えない、使わない方が良いと思った方が良いと思います(私は使用しません)

どうしても使いたい?なら磯裏など波の影響を受け難い場所に限られますが基本使えないと思って頂いて間違いないです。

アジスカリを使用する場合は基本、アジスカリが動かない、転がらないが大前提になりますので使わないでおく方が賢明です。

初めていく磯場で使える事が分からない場合はアジバケツやアジバッカンで管理した方がアジも元気で余計な気を回さなくて釣りに集中出来ると思います。

初心者が選ぶアジスカリのポイント!アジスカリはココを押える。

アジスカリ活用方法とアジスカリの選び方【失敗したくない】

アジスカリを選ぶ際は意外にもココが重要です

アジスカリもいろいろなメーカーから発売されていますがデザインや水抜き穴形状が少し違う位で殆ど変わりません。

素材も殆どの製品がEVA素材で耐久性も考えて作られています。

管理人が使用してきて気付いた点が一つあります。

それはオモリ付きかどうかです。

アジスカリにはオモリ付きとオモリ無しのタイプがありオモリ付きは自重で沈んでいってくれ揺れに強いですがオモリ無しの場合はなかなか沈んでいってくれないので使い勝手が非常に悪かった記憶が有ります。

安定して沈める為にはわざわざオモリか石をアジスカリの中に入れないといけなくアジにキズが付きやすくなったりしますので出来れば最初からオモリが付いてるアジスカリを購入される事をおすすめします。

水汲みバケツと違ってオモリは上部に付いてる必要は有りません。

上部に付いてると反転しやすく水汲みバケツの場合は便利ですがアジスカリの場合はオモリがなるべく下に付いてる方が水中で自立もしやすいです。

水抜き穴よりもオモリを下に付ける事によって潮流や波を受けても比較的安定するんですねw

良く考えられてます。

単なるバケツに穴が開いてるだけではないんですねw

穴が開いてるだけならどのアジスカリも同じですw

こんな些細で気付き難いところが使い勝手に影響して来るんですよ!

アジスカリ活用方法とアジスカリの選び方【失敗したくない】



こちらのアジスカリが私の要件を満たしてくれてるアジスカリです。

私のアジスカリのサイズは一番大きい35センチサイズですがこの大きさを選んだ理由は1泊2日のヤエン釣行で次の日分のアジを入れて生かしておく為です。

ですので上げ下げを頻繁にする事はないので一番大きいサイズにしました。

何度か釣行にも使いましたが水面から足場までが60センチ位の低い場所でも上げ下げしてるとちょっとしんどい印象です。

なのでアジの量にもよりますが釣行で使う場合は28センチか30センチのアジスカリにしようと思っていますw

一つ言い忘れましたがコチラのアジスカリには型崩れ防止のためのプレートが付いていますので折り目が水圧でへしゃげたりし難くなっています。

私は熱めのお湯を中に溜めて(水抜き穴は外からガムテでフタして)プレート無しでも自立するようにしています(こうすると折りたたみ難くなりますがアジには良いです)

【商品スペック】

小魚を水中で活かしておくと、いつまでも元気。水がイッキに抜けて、引き上げもラクラク!
フタ部に小出し用ファスナー付。
上部フレームに大型パット付。
引き上げ時の水抜けがよい。
プレート2枚付。
おもり付で沈みが早い。

などですw

こちらは私と同じ35センチバージョンです。

どちょらかとゆうと力持ち向きw


アジスカリは一見、似ているようですがちょっとした所が違ったりしますのでこれから購入をお考えの方は参考にして頂ければ幸いです。

それでは今回はこの辺りで失礼します。

お付き合い頂きありがとうございます。

この記事が何かの参考になりましたらシェア頂ければ幸いです。

 

ヤエン釣りの道具はこれでOK!ヤエン釣りに必要なタックル紹介 | あきブログ ヤエン釣り情報サイト

こんにちは あきです。 今回はヤエン釣りを始めたいけれど使う道具(タックル)は何から揃えればいいのか分からない人向けに、ヤエン釣りを始める為の道具(タックル)についての記事になります。 題して ですw 既にヤエン釣りを始めて道具も一式揃えられてる方には参考にもなりませんが周りにこれからヤエン釣り始めたいって人が居ればシェア頂ければ嬉しいですw …

リライト:2020/3/15

コメント

タイトルとURLをコピーしました