実践的ヤエン釣り情報サイトです。ヤエン釣りの楽しみ方やヤエン自作 釣果に繋げる考え方 釣り道具(竿/リール)や釣り服や釣りズボンに至るまで情報発信しています。

【教えて!ヤエン釣り方】ヤエン釣り方 コツを覚える!

【教えて!ヤエンの釣り方】ヤエン釣り方 コツを覚える!

今回は【教えて!ヤエン釣り方】ヤエン釣り方 コツを覚える!ですw

これからの季節は活きエサを使った釣り方であるヤエン釣りはエサの調達やポイント選定も難しくなりヤエンの釣り方以前に難しい季節になりますので初心者が入門するなら10月中旬以降がヤエンの釣り方を勉強するには持ってこいの季節となりアタリも多く楽しめるのではないでしょうか?

特にヤエン釣り初心者アングラーは釣行前にヤエンの釣り方やヤエン投入タイミングなどを把握するのもアオリイカを釣り上げる際には重要となります。

10月中旬以降と言っても紀伊半島なんかであれば年間通して黒潮の影響を色濃く受け秋と言えども1キロを超える様な個体も多く11月に入りますと早い所では2キロ級も上がり出しヤエン釣りの醍醐味を感じて頂けるのではと感じます。

太平洋側とは逆に日本海側は四季がハッキリしていて冬は水温も下がり釣りになり難いフィールドですが一部、原発の温排水などの影響で冬季でも釣りが可能な地域も有りますので探してみて下さい。

地域によって多少の差は有りますが太平洋側の大まかなシーズナルパターンはイラストの感じとなります。

【教えて!ヤエン釣り方】ヤエン釣り方 コツを覚える!

ヤエン釣り方⇒アジ編

【教えて!ヤエン釣り方】ヤエン釣り方 コツを覚える!

ヤエン釣り方① ヤエン道具と針を掛ける場所

これからヤエン釣りを始めようと思っている方がアジバケツを選ぶ際、軽くて丈夫なEVA素材の入れ物が良いのではないでしょうか?

自作出来るならアジ活かしクーラーも有りですが最初はヤエンの釣り方等、覚える事も沢山有る為、そちらに労力を注ぐよりもEVA素材で作られてるアジバケツを手に入れた方が良いと思います。

大きさを選ぶ基準は海水1リットルに対してアジ1匹を目安にして頂ければOKですが最初に買う場合は大き目をおすすめします。なぜ大き目が良いのかと言いますと活きアジには水深よりも面積が有効だからです。

大きめのアジバケツに海水をたっぷり入れると、とてつもなく重く持てたモノでは有りませんw

海水の量は半分位が関の山かと思いますが海水量を減らすと面積が必要になってきます。

20㎝の水深よりも10㎝の水深で面積が有る方がアジは弱り難くなります。これはアジ同士が擦れ合って体表のヌメリが取れにくくなる為です。

水深より表面積ですので覚えておいて下さいね!

ヤエン釣りをする為に必要な道具類はコチラを読んでみて下さい。


  ヤエン釣りに必要な道具【竿 リール 糸 (ライン) 竿受け】 | あきブログ ヤエン釣り情報サイト
今回はヤエン釣りを始めたいけれどヤエン釣りに使う道具は何から揃えればいいのか分からない人向けにヤエン釣りを始める為の道具についての記事になります
 

 

移動中の車の中では海水は多めに入れる方が良いと思いますが地磯や渡船で沖磯に渡る際には時と場を考慮して海水量は調節して下さいね!

先にもお伝えしたように表面積が確保できれば後は強めのエアレーションが有れば30分位は大丈夫と思います。

因みに私事ですが渡船に乗る時には海水は半分から三分の一位にします。

ヤエン釣り方⇒アジ輸送ケース

【教えて!ヤエン釣り方】ヤエン釣り方 コツを覚える!

アジバケツ輸送ケースはフタ付きが良い

車で運ぶ際は倒れない様に防水性能がある輸送ケースに入れた方が良いです。想像つくと思いますが車内で倒れたら最悪ですよ!

ゴミ袋に入れても良いのですが流れだした海水量が多いと袋の外に大量に出てきますのでアジバケツだけでなく釣行終了時に濡れ物も一緒に入れれるようにケースを用意しておいた方が良いと思います

もしこぼれでもしたら・・・


   『アジバケツやアジ活かしクーラー輸送時の水漏れ対策!あれば超便利なアジバケツ輸送時に使う防水ケース』
【お知らせ】2019年5月11日をもちましてブログを引っ越ししました。良ければ新しいブログへお越しください。 あきブログ ヤエン釣り情報サイトアジ活かしクーラ…
 

 

アジバケツに関しては緑色の商品からフィッシュバッカンまで色々使用してきましたがスタイリッシュでカッコいいのはフィッシュバッカンですねw

しかしフィッシュバッカンもピンキリで管理人も過去、安価なフィッシュバッカンを購入して数回で底が抜けた事があるんでフィッシュバッカンは余り安価なモノは避けた方が無難と思います。

水汲みバケツは大きい方より気持ち小さめの18×18が程良いサイズと思います。これ以上大きいと水汲むのが重くて大変になり小さいと何回も水を汲まないといけなくなります。

このサイズで20分に1回は水汲みバケツ一杯分を足してやりましょう!

ヤエン釣り歴の長い管理人が導き出した答えは18×18サイズで正方形の水汲みバケツが収納も考えれば丁度良いのですが磯へのひっかかりを軽減する楕円形状で水を汲みやすいよう水面で傾斜させるシンカー入りの水汲みバケツも使い勝手が良かったので検討してみて下さい。



余談ですがEVA素材は折り目が付いていて最初のうちは自立性が無く海水を入れたらヘニャってなると良く聞きますが購入したら40℃~47℃位(私は50℃位熱めを入れます)のお湯を目一杯入れて暫く時間を置くと折り目が無くなって自立します。

ただし片付け時は折り畳めなくなるので濡れ物を入れる入れ物と割り切って下さい。EVA素材は全部そうしてます。

ヤエン釣り方⇒エアーポンプ

【教えて!ヤエン釣り方】ヤエン釣り方 コツを覚える!

ヤエン釣り方以前に無くてはならないのが釣り用エアーポンプ

エアーポンプは単一電池2本で動かすものがスタミナも考えれば良いのではないでしょうか? あまり安物では送風量が少ないのでアジが死んでしまいますのでちゃんとした物を購入しておきましょう!

良く勘違いされてるのがエアーポンプは酸素を送ってると思われがちですが単に空気を送っているだけです。

以前にも別サイトで記事にしていますが空気中の20%が酸素で窒素が80%程を占めています。


   釣りで使うエアーポンプ【失敗しない釣り用エアーポンプ選び方】 | あきブログ ヤエン釣り情報サイト
今回は釣りで使うエアーポンプ【失敗しない釣り用エアーポンプ選び方】の話題です。釣りでのエアーポンプの重要性など・・・
  

生き物に必要なのは空気ではなく酸素なのでエアーポンプも送風量の高いモノが必要になってきます(海水温が高い時は特に必要なので強弱調整の付いたモノがおすすめです)が1台では酸素供給量を考えると心もとないので出来れば2台有れば安心です。

冬季なんかは20Lの海水に15㎝前後の活きアジ20匹生かすなら毎分/2Lの送風量があるエアーポンプなら2台共弱で十分機能すると思います


ヤエン釣り方⇒アジに針を掛ける

【教えて!ヤエン釣り方】ヤエン釣り方 コツを覚える!

針(ヨリ戻し尾針)を掛ける場所は決まってます。

活きアジに針を掛ける位置ですがゼンゴと呼ばれる固い部分をすくうように引っ掛けるようにして下さい。ゼンゴとはアジの横部分にある側線部の事でここに針を引っ掛けるとちょっとやそっとでは

外れたりしませんので必ずこの部分に掛けて下さい。

初心者の方はゼンゴに針を掛けるだけでは不安な方もおいでと思いますが千切れたりしないので安心して掛けて下さい。

アジバケツからアジを取り出す際は余り小さなすくい網だとアジを追い掛け回す事になりウロコが剥がれ、せっかく元気の良い活きアジを弱らせる事にもなり兼ねませんので活きアジをすくう際には出来る限り大き目のすくい網の方が静かに掬えるのでおすすめです。


【教えて!ヤエン釣り方】ヤエン釣り方 コツを覚える!

ポイント

  1. 針を掛ける場合は身をすくう様にし背骨に到達するくらい深くかけない事
  2. 活きアジをすくう際は出来るだけ暴れさせないようにすくうのがポイントです。

ヤエン釣り方② アジはすぐに投げないで

針に掛けたアジを直ぐに投げると弱りやすくなるので足元で暫く海水温に慣れさせてからキャスト(投げる)するようにしましょう!

ひと手間掛ける事によりアジがより元気で弱り難くなります。

これは冬季や初夏、海水温とバケツ内の水温差が出やすいEVA素材のアジバケツやフィッシュバッカンを使用してる人は尚更そのようにされた方が良いかと思います。

アジ活かしクーラーを使用されてる方も上記の様に直ぐキャスト(投げる)しないで足元で海水温に慣らす事によってより潜りやすくなり釣果にも影響してくるので覚えておいて損は無いですよ~

小さなひと手間がアタリが少ない時に特に有効となります。

ヤエンの釣り方③ アジが潜るまでサポート

アジをキャスト(投げる)したら潜るまで待つ事が重要です。

潜らす方法は幾つかありますが一番簡単なのは投入後糸フケを取らずに1分程待ってから糸フケを取る事です(アジ任せではありますが・・・)

少し慣れればキャスト後に風上にロッドを倒して余分な糸フケが出ない様にして少しラインを巻き取りラインを直線状態にしてからベールを返してラインを出してやる方法もありますがフカセ釣りやエギングなんかではポピュラーで風や上潮に途中のラインが引っ張られるのを防ぐテクニックとなります。

どうしても風や上潮が滑ってる時は途中のラインがたわんでしまいラインに引っ張られてアジが潜れなくなりますのでラインメンディングして任意に潜りやすい状態を釣り人側が作ってやります。

【教えて!ヤエン釣り方】ヤエン釣り方 コツを覚える!

ヤエン釣り方⇒アタリ編

【教えて!ヤエン釣り方】ヤエン釣り方 コツを覚える!

ヤエン釣り方④ アタリ待ちの間、気に掛ける事

さてとアジを無事投げ入れましたので後はほっておいて・・・・ダメダメw

アジを投入したらアジは好き勝手に泳いでいきますので時々、ロッドを持ってアジの状態を確認してやります。確認の際はラインを軽く引っ張ってやる感じで構いません。

問題なければそのまま泳がしても良いですし少しロッドで持ち上げてやり泳がす位置を手前に持ってきても構いません。

要は今アジがどんな状態かを確認、把握する事が大切です。

  1. 根詰まりしていないか(根掛り)
  2. アジが死んでいないか
  3. アジの位置の把握

2のアジが生きてるかどうかの確認は少しラインを張ってやれば生きていれば穂先をトントン叩きますのでスグに分かるはずですが弱ってる場合は余りトントンしません。

殆ど穂先を叩かないようなら死んでるか、かなり弱ってますのでエサを交換しましょう!

ヤエン釣り方⑤ アタリが来たら

ヤエンの釣り方コツは?ブログで完全マスターするヤエンの釣り方

エサの活きアジにアオリイカが食らいつけばリールの糸がジージー出て行きます(時々糸を引っ張っていかない居食いも有ります)

アオリイカにラインが引き出されてる間は止まるまで待つのがセオリーですが、この時に注意点が一点有ります。

よくありがちなのが竿受けにそのまま置いて眺めてる人。

これはよろしくありませんw

アオリイカが生息してる地形は岩礁帯や藻場ですので竿受けにロッドを置いたままだとこれらの障害物に引っ掛かってしまいます。

ではどうすれば良いのか?

アタリが有れば即、竿受けからロッドを手に取って下さい。

具体的には腕を空に向かって真っすぐ(斜め)に伸ばして竿の長さに腕の長さをプラスしてなるべく水中に入っているラインの量を少なくして根掛りを回避します。

この行動をする事によって後の寄せもラクになり結果的に獲れるアオリイカの数も増えます。

ポイント

  1. アタリが有ればロッドを直ぐに手に取るべし
  2. ロッドを立ててラインが少しでも海中から出る様に操作するべしw

ヤエンの釣り方コツは?ブログで完全マスターするヤエンの釣り方

ヤエン釣り方⑥ アオリイカを寄せてくる

アタリが来てアオリイカの走りが治まったらヤエンが進行しやすい位置まで寄せてきます。

ラインが出ない様にし最初は少しづつテンションを掛けて寄せてきますがまだまだアオリイカはシラフで嫌がると思いますので嫌がればロッドでいなして下さい。

ロッドの長さだけではいなせない場合はラインを放出してアオリイカに好きにさせてやります。この時、あまり引っ張るとアジを放しちゃうので注意して下さいね

そんなやり取りを暫くすれば嫌がる量より寄せる量の方が増えてきます。

こうなれば食べる事に夢中になってきてるので少しくらい強引に引っ張ってもエサのアジを放したりしませんので落ち着いてヤエンが打てる距離まで寄せて来て下さい。

目安はラインと穂先の角度が90度位までくればローラーヤエンなら滑走していきます。ただし余り軽いヤエンの場合は海中に入ってからの進行速度は極端に遅くなりますので注意して下さい。

ヤエン釣り方⑦ ヤエン投入

ヤエンの釣り方コツは?ブログで完全マスターするヤエンの釣り方

ヤエンを撃てる距離までくればヤエン投入です。

最初は一人でヤエン投入まで出来ないと思いますので一緒に行っているパートナーにお願いしヤエン投入して貰ってください。

ヤエン投入しヤエンが海中に入れば直ぐにロッドを立てて余分な糸フケを取ってヤエンをアオリイカまで進行させていきます。

 ヤエン釣り方⑧ アオリイカを取り込む

ヤエンがアオリイカに掛かれば落ち着いてゆっくりとリールを巻いて寄せてきます。

水温が高い時期のアオリイカはキロクラスでも良く引きますのでびっくりされるかもしれませんが落ち着いてゆっくり足元まで引き寄せて来て取り込んで下さい。

取り込みの際はタモ網派とギャフ派に分かれますが管理人の個人的な見解では最初からギャフをおすすめします。


私の場合、余程、足場が悪くない限りは複数で釣行していても自分で取り込みする様にしています。これをするにはタモ網では網に掛かる海水圧が邪魔で難しいです

5m以上あるタモの柄を片手で操るには無理がありますがギャフならそんな事は有りません。

足元まで寄せてきたアオリイカをスムーズに取り込めると思います。

又、タモ網で取り込みするとヤエンが網目に食い込んだりして外すのも大変です。

網はイカ墨で真っ黒になっておりソコにあるヤエンを外すとなると手も真っ黒けになり時合ならイライラするでしょう

釣り行ってそんなストレス受けなくてもいいんちゃうんと感じるのは私だけ?? 今後のシングル釣行の事も考えて最初からギャフで釣行して下さいw

ヤエン釣り方⑨ 取り込み時の注意点

初心者やヤエン釣り経験が浅いアングラーの取り込み時に良く見るのが片手にロッドでもう片方の手にはアオリイカが付いてるタモの柄

どうしたらいいか考える暇なくそのまま持ち上げる(アオリイカの重さで折れます)

こんな取り込みしてたらタモの柄がなんぼ有っても足りませんし高価なタモの柄を使用しても一発アウトですw

取り込みの際にはギャフでアオリイカを掛けたら即、持ってるロッドを股に挟んで両手でタモの柄をたたみながらランディングして下さいね!

最初は焦らず「あ~やって・・次はこ~して」と頭で考えながらすれば上手く取り込めると思います。

そうすれば4キロでも人の手を借りず自分で余裕をもって取り込めますからw w

くれぐれも片手にロッド、もう片手にはアオリイカが付いたタモの柄、一瞬考えるがどうすれば良いか分からず・・・力任せにドリャ~ バキッ!!オーノー

ヤエンの釣り方コツは?ブログで完全マスターするヤエンの釣り方

こんな事にならない様にシーズン前からイメージトレーニングしておきましょう!

 

ヤエン釣り方⑩ 釣り場保全

各漁港などで釣り禁止や釣り時間の制限などおこなわれてるエリアが増えてると聞きます。

勝手に漁具を触ったり係留されてる船に乗ったりしない様にしましょう!

またゴミ問題も全く無くなりません。自分で出したゴミは必ず持って帰る様にしましょう!

ヤエンの釣り方コツは?ブログで完全マスターするヤエンの釣り方

今回はこの辺りで失礼します。

お付き合い頂きありがとうございます。

この記事が参考になりましたらシェア頂ければ幸いです。


  ヤエン到達って分る? ヤエン到達が分かるとヤエン釣りが変わる! | あきブログ ヤエン釣り情報サイト
ヤエン到達が分からないのはヤエン師の永遠の悩み? ヤエン到達って明確に分かりますか?? ヤエンがアオリイカの近くに行けば嫌がるので分かる・・・ あながちウソでも無いですが….
 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

管理人のあきです
京都市在住のフリーランス
色々な釣りを経験した後にヤエン釣りに辿り着きましたwこれから釣りを始めようと思っている初心者アングラーを応援しています。
 

プロフィールをもっと見る
 

自己記録 アオリイカ4.4㎏

 

日時 : 2017年4月4日 PM23:00頃

場所 : 和歌山県すさみ町

潮 : 小潮

月齢  : 半月

波  : 14:00~17:00北西の風やや強18:00頃より凪

【使用タックル】

ロッド : SIMANOボーダレスBB 4.6MH

リール : 11BBXデスピナ C3000D XG

ライン : SIMANO PEライン G5 0.8号

リーダ : SUNLINE FCスナイパー 10LB

ヤエン : オリジナルPTFE跳ね上げローラーヤエン

https://ameblo.jp/404aki404/entry-12263105772.html

カテゴリー

アーカイブ

ブッシュ通知

Chinese (Simplified)EnglishFilipinoGermanIndonesianJapaneseKoreanThaiVietnamese