【育毛ブログ】女性の抜け毛原因から育毛剤の効果的な使い方

女性型脱毛症(FAGA)の女性薄毛 未分類

こんにちは、あきです。

先日ブログでアップしたテーマ、ヘアサイクルを戻す記事の反響が釣りブログとしてはそこそこ大きかったので、前回テーマに引き続いて抜け毛続編となりますw

女性、男性問わず育毛剤の効果が分かりにくと思われてる方は是非読んで頂けると日々の育毛剤の使用にモチベーションも上がって頑張れるかもです。

題して

【育毛ブログ】女性の抜け毛原因から 育毛剤の効果的な使い方

です。

前回のあらすじとしては髪の一生である、ヘアーサイクルや一日に抜ける抜け毛本数、抜けてはいけない髪の種類や新生毛と自然脱毛の比率までお話ししたと思います。

あ~

そうそう、

前回のブログ記事がまだなら先ずは先に読んで頂き、毛髪メカニズムを知った上で、コチラに戻って来て頂ければ抜け毛の予防対策、育毛剤の使用も効果的に取り組めると思います。

この記事の監修者

毛髪診断士として髪や薄毛にお悩みの男性 女性をサポートしながらプライベートでは趣味でアオリイカ釣りをしています。
当ブログでは総合毛髪業での経験を活かし、育毛剤・サプリ・ウィッグなどの動線による薄毛解決から、釣り道具に関連する話題までをブログ形式でお届けしています。

あきをフォローする

抜け毛メカニズムを知っておく

【失敗しない】抜け毛原因と対策!女性用育毛剤の効果的な使い方【美髪再生】

頭皮の現状把握が大切です

いよいよ、このブログでは抜け毛原因の特定に入り予防対策に生かしていきたいと思います。

ただ抜け毛の原因って人によってさまざまで、この一つだけ注意すれば抜け毛が完全に治まるなんて事は現実的ではないので複合的に考えて下さい。

個人、個人、さまざまな要因が複雑に絡み合っているのが抜け毛であり、薄毛なので全てを育毛シャンプーや育毛剤に頼りきって生活習慣は全く見直さないので有れば効果を期待するのも難しいかもしれませんね。

誰の髪の毛でも無く、あなた自身の髪の毛を抜け毛から守るためなので、同じするなら自分でデキる事は徹底してやりましょう!

遺伝

遺伝に関してはご本人の努力ではどうする事も出来ませんし、現代科学をもってしても現状はどうする事も出来ません。
遺伝子に手を加えるという事はゲノム構成をいじる事になるからです。
ゲノムの情報は2億超とも言われていますが、その中に薄毛(ハゲ)が原因となる遺伝子は見つかっていると言われています。

ではなぜ抜け毛や薄毛の予防や対策できる育毛剤が出てこないのか?
遺伝子を取り除いて予防や対策をすると倫理面の問題や副作用の問題、未知の問題を解決しないといけないっていう理由の他に、薄毛は命に関わらないので優先順位が低い為、新薬が開発されないのが現状かもしれません。

なのでゲノム編集はまだまだ先の話であり現実的では有りません。

IPS細胞なんかが良い例で、なかなか進まないです。
逆にヒト幹細胞培養液は今や化粧品や育毛剤など少しづつ広がりを見せていますので今後に期待です。

抜け毛にはさまざまな原因が有りますが、今現在、抜け毛にお困りで思い当たる節があるのなら、一つひとつ対策して予防して進行を止めたり、遅らせたりしなければいけません。

不摂生が長きに渡っておこなわれる事によって抜け毛が増えてきますが、実際に抜け毛が多い時の頭皮ってどの様な状態なのか?

おっと、その前に理解頂きたい事が有ります。

原因が分からなければ対策は出来ない事は知っておいて欲しい・・・

医者もそうであるように原因が分かって初めて対策が打てるって事です。

例えば、アトピー性皮膚炎なんかがそうです

原因不明の皮膚の疾患と言われていますが、原因が分からない物に対して医師も治療ができない・・・。

なので残念ながら抜け毛に関しても原因が分からなければ対策も予防も出来ないので改善はできません。

但し、原因が分ればしめたもので、そこに対して集中した対策をすれば育毛剤による改善や育毛シャンプーによる抜け毛の緩和はできると思います。

抜け毛原因を特定

【失敗しない】抜け毛原因と対策!女性用育毛剤の効果的な使い方【美髪再生】

抜け毛の原因を知る

抜け毛になる原因は更年期障害、男性ホルモンや紫外線、偏った食生活、ストレス、過度な毛染め、ヘアカラーやブリーチなどが複合的に絡み合って抜け毛へ発展していきますが、その際には頭皮の状態はどの様な状態なのか?

これを知れば抜け毛に対して正確にアプローチできるかもしれません。

マイクロスコープで頭皮検視

こちらの製品は高額倍率1000倍までできるマイクロスコープです。
通常、頭皮や毛穴を見るには4,500倍あればOKです。

頭皮と毛穴を見る時の注意点】

シャンプーを2回しっかりした後、ドライヤーでしっかり乾かす事です。
少しでも湿っていると正しく見えないし、誤判断してしまいますので注意して下さい。

シャンプー後に見る理由は現時点で最高の状態で検視するのが目的です。
そこから時間と共に汚れていきます。
依って、その時点で毛穴目詰まりや頭皮が白く毛羽立ってるとアウトです。(何らかの対策をしないとダメ)

毛穴が皮脂で詰まっている

少し見にくいかもしれませんが下の画像は皮脂で毛穴が詰まってベトベトな状態の女性の毛穴です。

毛穴が皮脂で詰まってクレーター(くぼみ)も確認できません

こんな状態では髪が育つ環境として良い訳が無いですよね?

さらに下の画像がクレンジング剤を使用して毛穴の皮脂を掃除して綺麗になった状態です。

クレーター(くぼみ)がハッキリし余分な皮脂が除去されているのが分かると思います。

皮脂で詰まった毛穴

【失敗しない】抜け毛原因と対策!女性用育毛剤の効果的な使い方【美髪再生】

皮脂で詰まった毛穴

きれいな毛穴

【失敗しない】抜け毛原因と対策!女性用育毛剤の効果的な使い方【美髪再生】

綺麗な毛穴

男性は基より、女性に於いても脂性で皮脂が多く抜け毛が酷い方は男性ホルモンが悪さをしている事が多く、テストステロン(男性ホルモン)が髪に作用する際にDHT ジヒドロテストステロンへ変化しています(髪の成長にはホルモンが必要)

テストステロンから変化する際に還元酵素である5αリダクターゼが作用してジヒドロテストステロンに変化します。

テストステロンではなくジヒドロテストステロンになる事によって通常の皮脂分泌量が5倍になると言われています。

なので男性も女性も前夜にシャンプーしたにも関わらず、翌日の昼過ぎ頃には髪の根本がベタついてたりしたなら要注意です。
きちっと検証してみないと何とも言えませんが、男性も女性の場合でも早期に脱毛症に繋がっていくなり抜け毛が増えてくる可能性は高いと言えます。

女性の場合は更年期障害により女性ホルモン占有率が崩れて男性ホルモンが影響力を強め、早い人では20代や30代で症状として見られる女性も多く深刻です

皮脂が5倍も分泌されれば、どんなに高価な育毛剤を使用しても毛穴が詰まり栄養補給は出来なくなり効果は出難くなります。

言い方が悪いですが育毛剤の垂れ流し状態です。

この様な状態ではいくら高価な育毛剤を使用しても効果が望める訳も有りませんよね?

土壌ができてないのに作物が育ちません。

ただ正常な人は毛穴からの栄養補給なぞ必要無く毛細血管から運ばれてくるタンパク質だけで十分補う事が出来ますので問題など有りません。

問題なのは男性ホルモンの影響を受け皮脂が多くて脂性の男性や女性。

その様な原因で抜け毛が多い人は毛穴の詰まりを改善してやる必要があります。

なので脂性で抜け毛が多い男性、女性ほど毛穴が詰まる前に毛穴を掃除して常にキレイにしてやる必要があるんですねw

頭皮の荒れが原因

もう一つの抜け毛の原因として挙げられるのが頭皮の荒れです。

頭皮の荒れって言われてもピンとこない人も多いと思いますw

そりゃそうです、髪が生えてるんで見えないんですからね~
なかなかブログで説明するのも難しい・・・

大体の方が毛穴の汚れより気付き難くて放っている事が多く、慢性化して改善するのにも時間を要します。

毛穴の場合はクレンジング剤やアミノ酸系ノンシリコンシャンプーを使用すれば少しずつ綺麗になりますが、頭皮荒れ(剥離)の場合はそうもいきません。

画像で見るとこんな感じです。

下の画像は頭皮荒れも酷くて表皮が剥離(めくれる)し炎症も起こしていて頭皮が赤くなっているのが分かると思います。

ではなぜ頭皮が荒れると抜け毛に繋がるのかを下のイラストで説明しましょう!

【失敗しない】抜け毛原因と対策!女性用育毛剤の効果的な使い方【美髪再生】

荒れた頭皮

荒れによる抜け毛原因

【失敗しない】抜け毛原因と対策!女性用育毛剤の効果的な使い方【美髪再生】

頭皮断面図

頭皮の切断面

分かりやすく(分かり難い?)細胞を○で表していますが、下の方は水分を多く含んでおり丸くて球体ですが上に行くにしたがって少しずつ偏平しています。

細胞って下に行けばいくほど、水分量を多く含んで丸くなっており、表皮に近くなればなる程、少しずつ水分量が低下し硬く偏平して人間の皮膚が形成されてます。

タンパク質の吸収を阻害する

女性であれ男性であれ、通常の健康な頭皮は細胞でフタをして皮下組織(基底層)の水分(間質液)が抜けない様にして一定の水分量を保って潤いやハリを持たせていますが
表皮が荒れてくると上記イラストの赤丸のようにフタが開いた状態になって皮下組織(基底層)の水分(間質液)が抜けて行ってしまうんですね

この状態が俗に言う荒れてるって状態。

これは肌でも頭皮でも同じです。
時々、頭皮だけ別の皮膚みたいに思ってる女性が居ますが肌も頭皮も呼び方が違うだけで全て繋がってます。

冬場や乾燥する時期に皮膚(手)が白く粉が吹いたような感じをイメージして頂ければ良いかと思います。

あれは表皮がめくれて皮下組織の水分量が出て行ってしまうんでカサカサするんですが、これと同じ症状が頭皮で起こっています。

その状態を頭皮剥離って言います。

頭皮剥離が起こる事により皮下組織の水分量が低下するとなぜ髪の毛が抜けるのかと言いますと髪の栄養源となっているタンパク質が効果的に代謝できなくなるからですね

タンパク質を受け取る仕組み

髪は血液中のタンパク質を栄養源としていますが毛乳頭(根本部分)に毛細血管が刺さって直接血管からタンパク質を補給している訳では無いのですw

かろうじて隙間(細胞レベル)があり血管壁から滲み出たタンパク質は皮下組織(基底層)内の水分中(間質液)をつたって毛乳頭に運ばれます。

この作用の事を浸透圧傾斜と言います。

【失敗しない】抜け毛原因と対策!女性用育毛剤の効果的な使い方【美髪再生】

毛細血管図

浸透圧とは昔聞いた事あると思います。

例を挙げるとビーカーの真ん中にフエルトを差し込んで液体A液体Bを入れます

液体Aは液体Bに比べて濃度を少し濃くすると、あ~ら不思議w

液体Bは液体Aへ移動(対流)を始めます

要は薄い方から濃い方へ動く作用の事を浸透圧って言います。

この力を利用して毛髪は毛の基となるタンパク質を吸収しているのですが、頭皮が荒れて水分が抜ける事により皮下組織内(基底層内)の水分量(細胞外液、細胞内液、間質液)が低下し体液と毛乳頭内との濃度差が小さくなり浸透圧が起き難くなるんですね

ん~分かり難いですかね・・・

かなりざっくりなんですが・・・。

もっとざっくり極端に説明すると果汁50%のオレンジジュースがあるとして中から水だけ50%抜けば果汁は100%になりますよね?

頭皮も同じ様な事が起きていて、皮下組織の水分(間質液)濃度が濃くなる事で浸透圧がおきにくくなる・・・
これが頭皮でも起こっていますw

そうなるとタンパク質を受ける量が今までの300/1とか500/1とかに低下するって訳です。

今まで300個や500個タンパク質が供給されてたのが減ると髪は栄養不足になり痩せ細り育たなくなってやがて抜け落ちます。

ヘアーサイクルが乱れて髪が育たなくなり、短命で抜け落ちるメカニズムはこの様な現象がもたらしていますので、シリコン剤の入ったシャンプーやコンディショナーは頭皮や毛穴に膜を張ったり、洗浄力が強すぎるおかげで頭皮が荒れるので使わない様にして欲しいと思います。

大体、抜け毛が酷く男性型脱毛症や女性型脱毛症を起こしている男性や女性の方は、毛穴の目詰まりと頭皮荒れ(剥離)がワンセットになっている事が殆どで、抜け毛対策や予防にはこの二点にアプローチしてやる事が大切です。

このような環境のまま過ごせば過ごす程、頭皮環境も改善し難くなりますし、抜け毛も今以上に増えて薄毛が加速していきます。。

毛穴の皮脂に関しては常に良質なシャンプーでケアする事が大切で、頭皮に関しても育毛剤で栄養を与えてやる事が大切になってきます。

抜け毛対策

  • 洗浄力の高過ぎない良質なアミノ酸系のシャンプー、コンディショナーを使って毎日シャンプーする
  • クレンジングも欠かさずおこなう(最初は2日に1回)クレンジング剤はシャンプー前に前頭部及び天頂部を中心に塗布し、キャップを被って5分~10分放置。キャップを被る事により毛穴が開いて側面からも皮脂を分解できる。育毛シャンプーの場合はクレンジング剤を使わずとも1本でもOK
  • 育毛剤は朝と夜に必ず使う(本来は日/2回)

上記3点は必ず行う事が大切です。

育毛剤の使い方次第で効果も変わる

頭皮に優しいシャンプーを使う

シャンプーコンディショナーは毎日されると思うので洗浄力の高過ぎない物を使用し頭皮荒れが起きない様に注意して下さい。
クレンジング剤に関してはやみくもにやれば良いって事は有りませんので、最初の2週間位は毎日おこない以降は2日ないしは3日に1度位に行うのが毛穴にも負担を掛けないで良いかと思います。
最近の商品はシャンプーやコンディショナー、クレンジング剤が一つになったアミノ酸系ノンシリコンシャンプーが主流になりつつあります。

育毛剤の効果的な使い方

シャンプー後、先ずは雑菌の繁殖を抑える為に髪と頭皮をドライヤーでしっかりと乾かしてから育毛剤を使う事が理想ですw
濡れたタオルに幾ら水を掛けてもそれ以上は吸収しないのと同じ原理で、水分を多量に含んだ頭皮や毛穴は育毛剤を自然に吸収できません。
ここで「育毛剤って頭皮から吸収するの」とお思いでしょうが、頭皮からも吸収しますよ!
経皮吸収です。
どんな育毛剤でも経皮吸収するとは言いませんが浸透力を考えたモノなら化粧水同様に可能です。

話を戻しますw

自分で髪の毛が乾いたと思ってもスキャナー(マイクロスコープ)で見ると毛穴が水たまりみたいになっている事が多いので、ドライヤーで乾かしてから暫く時間をおいてから育毛剤を塗布して下さい(その方が効果的)
理想は男性も女性も帰宅後にシャンプーし、ドライヤーで乾かし、少し経ってから育毛剤をつける感じがベストです。

迷ってる内にどんどん髪は抜けていきますので今すぐ頭皮改善に特化した予防と対策を取る事が大切です。

育毛剤の効果測定

【失敗しない】抜け毛原因と対策!女性用育毛剤の効果的な使い方【美髪再生】

アミノ酸シャンプーと育毛剤

育毛って無形の物なので効果が分かり難いですよね?

でも大丈夫w

男性も女性も効果測定は簡単ですw

前回お伝えした自然脱毛の中の新生毛の割合、脱毛率を時系列で見て行けば良くなって来てるのかどうかは分かります。

脱毛率が当初、60%ならばそこを基準に最低でも月1回は集毛して数値化していきましょう!

早期に抜けていた髪が抜けなくなる(脱毛率が下がる)と言う事は髪が伸びてるって事です(寿命が伸びる)

髪の量は重なり合いによって多く見えます。

3ヵ月で抜けてた髪が12か月迄寿命が延びれば髪の重なり合いが増えてボリューム感が出てきますので先ずは早期脱毛を減らす事が大切。

脱毛率を見て行くと今まで見えなかった育毛効果が見える様にになります。

これが無形だった育毛剤効果の見える化ですw

 

但し、右肩上がりに効果が続く事は稀で、大概は良くなったり、悪くなったりしながら大局的にみたら効果がでて良くなってくるって感じと思います。

毛髪は一度抜けてから毛芽ができて少しずつ育ち、頭皮に出てくるまで2ヶ月~3ヵ月掛かりますので抜け毛対策や予防は根気よくじっくりとおこなう事です。

抜けた髪よりも次の髪の毛が0.1ミリでも太い髪が育つ為に頭皮環境を整えたり育っている最中の髪の毛に栄養を与えたりする

細い髪が抜けて次の髪の毛が急に倍の太さで生えてくる事など医学的にもあり得ませんので、抜け毛が多い人は今有る髪と抜けてから新たに生えてくる髪が大切なんです。
コツコツと頑張れる女性や男性だけが効果が実感できると思います。

男性も女性も髪は第一印象を決める重要なパーツです

大袈裟に言うつもりは無いのですが、髪を無くすも、生かすも、今のあなたの行動が数年後に答えを出す事になりますので日々のヘアケアを大切にし髪を守って下さいね。

20代や30代に頭を隠す事ばかり気にして生きていくのも辛いしね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました