【女性の薄毛】てっぺんはげと分け目はげの女が急増中!

薄毛 部分別

こんにちは あきブログ管理人をしているあきです。

本日のテーマはてっぺんはげと分け目はげ女が急増中です。

今までは男性に多かった薄毛ですが、女性の社会進出や役割が増加したことによりてっぺんや分け目から薄毛になる女性が近年増えているのだとか・・・。

そこで今回は女性に広がりを見せている女性の薄毛原因や対策にフォーカスしてお届けしたいと思います。

読んでいて疲れてきたらお茶タイムで小休止しながら読み進めて頂くか、お気に入りに登録し時間が有る時にゆっくり読んで下さいね。

女性のてっぺんはげや分け目ハゲの特徴

頭頂部が禿げた女性

以前に女性はげの代表格である、つむじはげ(女性型脱毛症)について記事にしましたが、今回は女性型脱毛症に次いで最近女性に急激に広まっている頭頂部のハゲ、いわゆるてっぺんはげや分け目はげにフォーカスし原因、改善方法、治す方法までお伝えできればと思います。

女性型脱毛症とてっぺんはげや分け目はげとは何が違うのか分かりにくいと思いますが、女性型脱毛症(FAGA)の場合は、男性型脱毛症(AGA)と同様にテストステロン(男性ホルモン)が原因で皮脂分泌が活発化し、薄毛やはげがJOJOに進行し皮脂が原因で頭皮から臭いも出たりと何かと厄介な薄毛症状です。

同じ薄毛でもてっぺんはげや分け目はげは、皮脂分泌量もそれ程多くもなく、脂性でもないのにはげハゲ)が進むのが特徴と言えるかもしれません。

そうは言っても「女性型脱毛症」と「てっぺんはげ、分け目はげ」を自分で診断するは難しいかもしれませんが、キーワードは「皮脂の多さ」なのでセルフチェックも「ベタつき」や「臭い」で簡単にチェックできると思います。

てっぺんはげと分け目ハゲのセルフチェック方法

女性のてっぺんはげや分け目はげのセルフチェックは皮脂分泌量がそれほど多くも無く、午前中で髪がベタつくなんて事も無いのに抜け毛が多い場合です。

その様な薄毛症状がみられた場合はは初期更年期型脱毛症を疑って掛かっても良いかもしれません。

逆に頭皮が皮脂によってやたら光ったり、シャンプーしてもスグに髪がベタつくようならFAGA(女性型脱毛症)を疑った方が良いでしょう。

① 頭皮や髪の毛(根本)が皮脂でベタついて抜け毛も多い⇒女性型脱毛症

② 頭皮や髪の毛(根本)のベタつきは気にならないが髪が抜ける⇒初期更年期型脱毛症(てっぺんはげ 分け目はげ)

てっぺんはげ 分け目はげのセルフチェックはどうだったでしょうか?

簡単でしょ?

思い当たる節はありましたか?

もし当てはまる女性がいたなら、てっぺんはげや分け目はげの影がヒタヒタと近づいてる可能性が高いので、このまま読み進めないと最終的にザビエルとゆう称号が与えられるかもしれませんw

ただし、てっぺんはげや分け目はげ、FAGA(女性型脱毛症)どちらの薄毛症状でも、これからの対応次第で先の薄毛状態が変化してきますので真面目に取り組む事が肝心です。

費用を掛けても良いなら男性、女性とも薄毛専門のクリックへ通院するのも一つの選択肢と言えますが、そこまで費用は掛けれないけれど効果を実感したいのであれば、作用は薬より緩やかですがサプリメントなどでもてっぺんはげや分け目はげに対応する事は可能です。

女性がてっぺんはげや分け目ハゲになりやすい人

てっぺんはげと分け目の薄毛に悩んでる女性

てっぺんはげや分け目はげの薄毛原因の多くは女性ホルモン(エストロゲン衰退)が主原因で起こる事が分かっています。

しかしその反面、生活習慣の乱れからホルモンのバランスが崩れてる女性が多いのも事実かもしれません。

ではその原因とは?

生活習慣もてっぺんはげの原因

生活習慣は女性のてっぺんハゲや分け目ハゲと密接な関係が有りますよね
ま~薄毛だけではなく全ての病気や体調に関係してくるのが生活習慣ではないでしょうか?

生活習慣の場合は一時の不摂生とゆうよりかは、長年の不摂生が長い年月を掛けて表面化してきます。

病気でも同じ事が言えるんですが、ある日突然症状として出てくるんですね。

昨今、女性の社会進出に伴い、女性の役割が急激に変化したのも生活習慣が変わった一因と言われています。

ここで言う生活習慣とは大きく分けて食習慣と行動習慣に分けれます。

食習慣も行動習慣も毎日⇒週間⇒月間と繋がっており、過去の食生活と行動が溜まりにたまって現状のてっぺんはげ 分け目はげの状態を作っていきます。

しかし、短期間の不摂生が原因で表面に現れる事は稀で、その殆どは相応の期間が女性のてっぺんはげや分け目はげ、薄毛に影響を与えているようです。

てっぺんはげと分け目はげになる習慣

では、どのような生活習慣がてっぺんはげや分け目はげ、薄毛を進行させていくのでしょうか?
これは、男性も女性も変わらず人として捉えて頂ければ良いかと思います。
心当たりが多いほどてっぺんはげや分け目はげに近づいている事を意味します。

①行動習慣

・睡眠不足
・間違ったヘアケア
・不規則な生活
・仕事でのストレス
・運動不足
・喫煙

②食べ物

・食べ物の好き嫌い
・3食食べない
・化学精製された栄養(ビタミン○○ミリグラム配合とか天然の物でなく化学精製で作られた物質)
・過剰な飲酒
・あぶら物の過剰摂取
・偏った食生活(肉食など)

④加齢

・更年期障害(20代後半ば辺りから出る人も居る)
・若年性更年期障害(個人差あるが早ければ10代後半~20代、30代位から)
・月経不順(過剰なダイエットなど)
・閉経

ざっくり出すだけでも女性がてっぺんはげや分け目はげに繋がる原因はこれ位は出てきますね

これ読んでるあなた、「ギクッ!」ってなってませんか?

なってないなら気にしなくても良いかもしれませんよ!

でも、いくらてっぺんはげや分け目はげに悪いからって実際にこれら全部を一気に解消する事なんて仕事やその他もろもろの諸事情があれば難しいかもしれませんね

特に加齢の項目の中には自分でコントロール出来ないものも含まれますし、一概に全ての原因を解決する事は難しいと感じます。

しかし、それ以外の項目は自分の意志で改善や治す事もできるものも多く含まれてますね

あなたがオギャーって生まれて、もの心着いた頃からず~っと繰り返している生活習慣ですから変えるのって凄くエネルギーを使わないといけないでしょうね

変えられる自信は有りますか?

そんなに簡単には変えれませんよねw

ホント・・・

変えれれば今頃、薄毛やてっぺんはげに悩んでる事なんてないはずです

ダイエットも同じです。

女性でダイエットして痩せれない人も何が良くて、何をするとダメなのかぐらい分かっていますw

だって、体に良い事、悪い事くらいは少し考えれば分かりますからね

では、どうするか???

悩んでるだけで行動を何も変えなければ、ダイエットにせよ、てっぺんはげや分け目のはげにせよ、良くなる事なんてありません。

これは男性、女性共通です。

女性も男性も何年もおこなってきた生活習慣は急に変えれないと思うんで、一気に変えましょうなんて言いません。

でも、てっぺんはげや分け目はげるが嫌なら生活習慣を少し意識しながら治し方を考えて行動しないと薄毛も改善はされません(長年、男女の薄毛改善に携わってきましたから分かります)

フィットネスクラブなんかも同じで、トレーナーが横について励ましてくれるから頑張れるんですね

薄毛も同じで、身近に何かしら習慣づける商品を置いて毎日、コツコツ使っていく事により変化が出始めて頑張れる気力が湧いてくるものなんです。

それが人(トレーナー)か商品の違いってだけで、自分が頑張るのはどちらも変わらないんです。

殆どの女性の場合は男性に比べて薄毛状態も軽く、症状も軽い方が多いので治し方次第では効果を実感できるのも早いと思います。

そこら辺は男性より女性の方が遥かに症状としては軽いですからね

ちょっと、話が脱線したんで戻します

てっぺんはげを早める女性ホルモンとストレス

【女性の薄毛悩み】てっぺんはげ 分け目はげ原因 改善 治す方法

昨今、年齢に関係なく若年女性(中学生、高校生、20代、30代)でも女性ホルモンが減少している人は多くおられます。

通常、女性ホルモンは40代中頃までをピークとし、その後少しずつ減り始めるのが普通ですが、それが低年齢化してきている・・・。

その一番大きな原因として挙げられるのは、女性の社会進出に伴い増加してきたストレスです。

ストレスについてはコチラのサイトでも詳しく説明しているように、副腎から出されるコルチゾールって言うホルモンによりタンパク質の代謝を抑制し髪の成長を妨げ、抜け毛を増やし薄毛(はげ)を促進し影響を与えると言われています。

又、ストレスは男性女性問わず自律神経失調症やうつ病、女性の代表的な症状として月経不順や無月経などの婦人科のトラブルを引き起こしたりする病気です。

ではストレスについて少しだけ見ていきましょう!

ストレスと薄毛の関係

【女性の薄毛悩み】てっぺんはげ 分け目はげ原因 改善 治す方法

人間は緊張状態やストレスを過剰に感じると体がこわばり、身構える様になります。

男性、女性問わず、仕事や複雑化した対人関係により長時間に渡ってストレスをもたらし、慢性的にコルチゾールが多く分泌され続けると抜け毛が増えて抜け毛症や薄毛(はげ)に拍車が掛かります。

ひどい場合にはその場から離れても、常に考えてしまいストレス状態から抜け出せなくなる。

こうなるとかなり危険な状態です。

常に身体が緊張状態(自覚無しもあり)では、心も身体もボロボロになってしまいますから、出来る限り仕事や嫌な事は考えないようにしないといけません。

男性女性問わず、人間は常にストレス状態に晒されると、副腎から副腎皮質ホルモンであるコルチゾールが分泌され髪に必要なタンパク質の代謝を阻害、抑制しヘアサイクルが乱れて髪が成長せず抜け落ちていくようなると言われてます。

コルチゾールは良い部分もある反面、食細胞なのです。

こうなるとコルチゾールの影響により毛管(髪の太さ)が太い所や細い所と視覚的にも分かるようになったり、成長しきらない短い毛髪が抜けたりします。

シャンプー時や枕元にこの様な抜け毛がたくさん抜け落ちていればかなり危険な状態と言えます。

まとめますと、ストレスを過剰に受けると女性ホルモン(エストロゲン)が減少しストレスホルモンのコルチゾーが多量に分泌され髪に影響を与えていきますので、ストレスを緩和するようにするか、女性ホルモンの手助けになるモノを取り入れる事が薄毛克服には良いと思います。

コルチゾール文献

薄毛と女性ホルモン

女性の場合、はげ症状としては皮脂の分泌過多により頭皮や髪の根本が脂っぽくなる女性型脱毛症と、そこまで脂っぽくは無いけれど、分け目やてっぺんから抜け毛が進んではげてくる更年期型の脱毛症が有ります。

両者の脱毛共、大きく関係しているのが女性ホルモンと男性ホルモンの比率です。

通常、女性の場合は男性ホルモンより女性ホルモンのバランスが多くなっていますが、更年期型脱毛症の「てっぺんはげ」や「分け目はげ」は元々あった女性ホルモンの分泌量が減少していく事で起こる薄毛。

言い方が難しいけれど、要はA子さんのホルモンバランスがもともと、男性ホルモン2 女性ホルモン8だった場合に、女性ホルモンが少しずつ減少(男性ホルモンは同じ)し男性ホルモンの影響力が増してくる事で起こる脱毛症が若年性更年期型の脱毛症です。

分かりやすくイメージして頂くためにこの様な表現にしています。

【女性の薄毛悩み】てっぺんはげ 分け目はげ原因 改善 治す方法

特徴としては男性ホルモンの影響を受けるには受けますが、まだ女性ホルモンも踏ん張ってくれている状態なので男性ホルモンの影響も軽く皮脂分泌もそれほど多くはなりません。

なので、それほど脂性でも無いけれど「最近なんか毛深くなってきた・・・」「髪がよく抜けるな~」ってなったら若年性更年期型脱毛症を疑ってかかった方が良いかもしれませんね

女性の場合は殆どが女性ホルモンの変異から来るので、進行度(ホルモンバランス)によって治し方を変えなければ効果を実感する事は難しいかもしれません。

又、ホルモンバランスがかなり崩れた場合(下画像)は皮脂の過剰な分泌が起こり頭皮が脂ぎって髪の毛が抜け、はげてくる女性型脱毛症になる可能性が高まります(中年男性のバーコード頭と同じはげ)

どちらにしても放って置けば最終ゴールは「びまん性脱毛症」「慢性休止期毛」「つむじやてっぺんはげ」「分け目はげ」「生え際の薄毛やはげ」に繋がり、女性でも酷い場合は髪の密度がスカスカになってボリューム感が出なくなったり、局所的にはげた感じに進行していく可能性を秘めています。

【女性の薄毛悩み】てっぺんはげ 分け目はげ原因 改善 治す方法

 

 

大豆イソフラボンは頭頂部の薄毛に有効

【女性の薄毛悩み】てっぺんはげ 分け目はげ原因 改善 治す方法

女性ホルモンに直接的に作用する成分っていうのではないですが、女性ホルモンに似た働きや作用をする成分は有ります。

その有効性が医学的に認められた成分は大豆イソフラボンです。

大豆イソフラボンの分子構造が女性ホルモン「エストロゲン」に似ている事から「植物エストロゲン」とも呼ばれており女性ホルモンと似た作用が期待でき、女性の美しさや若々しさを手助けしてくれる成分です。

では女性ホルモン(エストロゲン)の作用とは・・・

女性ホルモンの具体的な作用

  1. お肌や頭皮を保湿し一定の水分量を保ってみずみずしく保つ
  2. 優しくて丸みのある女性らしい体型作る
  3. 髪の毛のハリやコシ、艶を保ってふわ髪になる
  4. 髪の成長を健全に保ち太く長く成長させる
  5. 骨粗しょう症予防(骨からカルシウムが溶け出す事を押さえる働き)

大豆イソフラボン文献

などなど、他にも沢山あるように、女性ホルモンは女性の内的部分、外観に女性らしさを与える大切なホルモンなのです。

加齢やストレス、不規則な生活等により女性ホルモンの分泌量が減ると、やがて体と心のバランスが崩れて不快症状にみまわれ、それに伴って更に女性ホルモンのバランスが乱れてきますが、大豆イソフラボンを意識的に摂取する事により女性ホルモンの不足を補って状態を緩和してくれるはずです。

大豆イソフラボンは女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをしますが、その働きをエストロゲン様(よう)作用って言います。

この様な作用が女性に広く認知されてからからと言うものの、近年大豆イソフラボンに注目が高まっているんです。このように女性ホルモンに似た作用をもつ大豆イソフラボンですが食品で簡単に摂る事が可能です。

大豆イソフラボンが多く含まれている食品

  1. 納豆
  2. 豆腐
  3. みそ汁
  4. 豆乳

などなどで、主に大豆を使った食品で摂取できますが、大豆イソフラボン(アグリコンとして)の含有量は納豆1食分(45g)で約33ミリグラム、豆腐1丁(350g)で71ミリグラム含有されています。

大豆イソフラボン摂取量

大豆イソフラボン(アグリコン)の1日摂取量上限は厚生労働省が70ミリグラムとしています。

少し前のデータですが平成14年国民栄養調査(厚生労働省)によると日本人の大豆食品等に含まれる大豆イソフラボン日常摂取量は、1日、約18ミリグラムとされ全く足りていない状況なのです。

この様に男性、女性共に大豆イソフラボンの摂取量は日本食離れも進んでかなり少ない状況になっています。

摂取量が少ないとは言え、毎日豆腐一丁食べるのは現実的に難しいかもしれません。

対策としては、女性ホルモン(エストロゲン)減少による、てっぺんはげや分け目はげが進み、自覚がある方ほど何らかの形で補う事が女性ホルモンをサポートし髪の成長やハリコシ、艶を助ける事になる事は間違いなさそうです。

女性ホルモンをサポート

【女性の薄毛悩み】てっぺんはげ 分け目はげ原因 改善 治す方法

ここまでをまとめると、てっぺんはげや分け目はげは女性ホルモン(エストロゲン)の減少によって起こる抜け毛の症状と言うのがわかりますね。

女性ホルモンの生涯分泌量はティースプーン1杯程度と言われており、少し減少するだけで髪の毛のハリやコシ、ツヤに影響を与えてきます。

更に女性ホルモンが減少していくと、男性ホルモンの相対量が増加し若年性更年期障害や40代中頃から始まる更年期障害が発症すると言われております。

このように女性ホルモンの減少は髪はもとより女性の体全体に影響を与えていく訳ですが治す方法は無いのでしょうか?

育毛剤で大豆イソフラボンを効率よく吸収する事は難しく、食べ物で満量摂る事も現実的ではない・・・。

大豆イソフラボンを摂る方法

【女性に警笛】てっぺんはげ分け目はげ女が急増中!

大豆イソフラボンを配合した薄毛専用サプリメントが出ております。薄毛専用サプリの特徴は大豆イソフラボンをはじめとして髪を育む成分が全てがバランス良く満量配合されている点です。

もし、お悩みが深刻な場合は女性ホルモンの減少をサポートする大豆イソフラボンが配合されているサプリメントで髪を育んでみては如何でしょうか?

育毛サプリをおすすめする7つの理由

  1. 薄毛専門医が10年以上の臨床試験データに加えて自分自身の治療経験と結果を元に導き出されたサプリメント
  2. 髪の悩みを他人に悟られない
  3. 育毛剤と違って髪が濡れない
  4. 髪を育む必須成分「ビタミンB群」「乾燥酵母」「パントテン酸」配合(CYPサプリメント)
  5. 3~6か月間CYPサプリ使用で「太く丈夫になる」「スカスカ感がなくなる」など科学的な効果に関する有効性を医学論文で証明している。
  6. 日本国内の医薬品メーカーで徹底した品質管理の基に製造されおり開発者自らも毎日服用し薄毛克服(テレビ出演多数)
  7. 経口補助食品のみで製造しているので副作用の心配は一切無し

こんな悩みを持った女性におすすめです

  1. 女性ホルモンの減少から髪が成長しなく梳いたような感じになる
  2. 生活習慣を完璧に変える自信がない
  3. 毎日大豆を規定量食べるなんて無理な女性
  4. 育毛剤は肌荒れする
  5. てっぺんや分け目のボリューム感が無くなってはげてきた女性
  6. 脂性でもないのにてっぺんの髪が抜ける
  7. シャンプーの際に抜け毛が増えた
  8. 分け目や後ろ姿が気になる女性

 

薄毛をサプリメントで克服したレビュー記事です。

てっぺんはげ 分け目はげの原因と対策方法|まとめ

【女性の薄毛悩み】てっぺんはげ 分け目はげ原因 改善 治す方法

てっぺんはげや分け目はげに大きく影響を与えている女性ホルモン

減少した女性ホルモンを元に戻す事は難しいですが、女性ホルモンに似た作用をする大豆イソフラボンで髪の育みを補助してあげる事は可能です。

大豆イソフラボンは女性特有の悩みに寄り添い、髪を元気に育む事に貢献してくれる事でしょう。

薄毛や抜け毛状態が初期の女性にはサプリメントまでは必要無い場合も有ります。

そんな時は、育毛剤から始めてみて下さい。

逆に悩みが深刻な女性に関しては内側からのケアだけでは対策としては不十分な場合も多いので外側からもケアしてあげる事も非常に有効です。

てっぺんであれ、分け目であれ薄毛はある時を境に急激に進んでいきます。

少しでも兆候がある場合は早めに予防措置を取るようにしましょう。

予防に遅いはないのです。

行動は最大の予防です。

女性としての自信を取り戻せるように生活習慣を見直しながら、薄毛に良いとされるモノを上手に取り入れていきましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました