ヤエン用ロッドのおすすめは?ヤエン竿の選び方を徹底解析

ヤエンロッド各種類ヤエン 竿

こんにちは、あきです。

今回はヤエン用ロッドのおすすめは?ヤエン竿の選び方を徹底解析ですw

今回の記事内容は数年前から私が使用しているヤエン用の竿(ロッド)の選び方とシマノ ボーダレスについての記事となります。

ヤエンに限らず釣り用の竿(ロッド)は腕の延長となり非常に重要な要素を含んでいますので自分の釣り方に合った竿を購入する事がヤエン釣りの楽しさやワクワク感を倍増してくれますw

スポンサーリンク

ヤエン用ロッドの訴求ポイント

【教えて!ヤエン竿の選び方】ヤエン竿(ロッド)訴求ポイント

現状ヤエン釣りに使われてる竿(ロッド)の多くは比較的安価(1万円前後)なインターラインロッドですが、インターラインロッドを選ばれる多くはヤエン投入時の穂先へのライン絡みを懸念されてるのが理由ではないでしょうか?

私も以前はヤエン竿(ロッド)としてインターラインロッドを使用していましたが、インターラインロッドは一つの利点(穂先ガラミ防止)の為に多くを失っている気がしてなりません。

インターラインロッドを否定しているのではなく時間掛けてフィールドに行って、同じアオリイカを釣るならアウトガイドロッドの方が更に楽しめると思います。

アウトガイドロッドを一度使うと感度といい、軽さといい、インターラインロッドに戻れないくらい使いやすいと思います。

そうそう
ヤエン釣りで懸念されてる穂先絡みは、少しの工夫で改善されると思いますのでこの機会にアウトガイドロッドを手に取ってみて下さいね。
きっとより繊細なヤエン釣りを可能にしてくれますよ!

スポンサーリンク

ヤエンのロッドにアウトガイドが敬遠される理由

【教えて!ヤエン竿の選び方】ヤエン竿(ロッド)訴求ポイント

ヤエン師が嫌がる竿先の絡み

「竿先に釣り糸が絡まる・・・」
ヤエン釣りしてるアングラーが一番と言ってもいいくらいに懸念されてる部分ですね
ここを重要視してるアングラーが非常に多いw

けれど、エギンガーやグレ釣りしてる人でインターラインロッドを使用してる人は殆ど見かけませんがなぜなのか?

エギングやグレ釣りなんかではラインや竿先でアタリを取りますので竿先の感度を重要視している釣り人が多いです。

ヤエン釣りもアオリイカを寄せる動作やヤエン投入後の水中像を想像した釣りになるので穂先の感度は非常に重要だと思います。

でも多くのヤエン師はロッドの繊細なポテンシャルよりも竿先に絡む方が嫌がるようですw
穂先ガラミを嫌うが故、竿本来の味わいを失っているにも関わらずです。

穂先絡みを防止方法

でも安心して下さいw
ヤエン竿にアウトガイドロッドを使うと穂先ガラミが多発するアングラーはたった一つの事だけを気を付ければ殆ど絡みは起きませんw

その方法とは・・・ラインをたるませない事に尽きます

私は知人と釣行していてもヤエンを入れてもらう事は先ず有りません。

全て一人でやりますが、先述してるようにラインをたるませなければ竿先に絡む事は100%有りませんw

ではたるませない為にはロッド操作をどうすれば良いのか?

これも簡単ですラインを張って穂先が少し曲がるようにしたらOK

PEラインを使用してると絡むと厄介ですが絡ませなければPEでも問題ありませんw

それには少しテンションを掛けるだけです。
テンションフリーだとPEであろうがナイロンラインであろうがなんであれ穂先絡みは起きてしまいます。

ヤエン投入時も自分の真上から耳の横をロッドが通るように倒していきますが、その際もスプールエッジに人さし指を軽くあてがいラインがたるまない様にしています。

たったこれだけでヤエン竿での穂先絡みは皆無となりよりポテンシャルの高いヤエン竿を使える事になります

先ずは今持ってるヤエン用の竿でやってみて下さい。

常に穂先が少し曲がる位にテンションを加えるだけです。

最初は意識しないと出来ないかもしれませんが10回もすれば無意識に出来ますよw

竿先にラインが絡まなくなりアウトガイドのヤエン竿が使えると色んなモノがトレードされ手に出来ると思います。
それは形の無い無形の世界観です。

スポンサーリンク

ヤエンロッドの使いやすい長さとは?

【教えて!ヤエン竿の選び方】ヤエン竿(ロッド)訴求ポイント

そもそもヤエン釣り使う竿の種類としては磯竿になりますが、磯竿のスタンダードな長さっていったいどれくらいなんでしょうか?

いろいろな竿を釣具屋で見てみても平均的な長さは5メートルくらいかな?
他の磯竿を見ても大体、5メートルが基準の長さのようですw

ロッドの長さ平均は5メートル!?

ヤエンロッドの長さは平均5メートルで大体のメーカーさんは作ってますね
波止や磯では5メートル前後が使いやすいのでしょうか?

私はそうは思いません。

海抜の低い立ち位置やサーフなんかだと少し長いヤエン竿の方がヤエン投入してからの角度が付きやすくなるように思いがちですが、現実問題ヤエン竿を4.6メートルから5メートルの長さにしたところで、そんなにヤエンの滑りが劇的に変化する訳でもありません。(あくまでライン角度で見た場合です)

ヤエンの滑りに関してはこちら

しかしながら最初に購入するヤエン竿は重いですが5メートルを基準として選ばれれば問題ないかと思います。
私の所有しているヤエン竿(ロッド)はシマノのボーダレス4.6メートルです。

上の画像を見て頂ければ分かりますが、両端のロッドより中2本の竿の方が幹径が細いと思いませんか?
中2本の細めのヤエン竿がシマノ社のボーダレスになります。

厳密に言うとボーダレスとボーダレスBB(廉価盤)です。
廉価版とは製品の普及促進の為、装飾を減らし部品を低価格化した商品の事です。

ヤエンロッドは幹径が細い方が良い

  1. 穂先から幹までの太さの変化が少ない⇒ベントカーブが比較的綺麗に出る(安物ロッドは継ぎ目が分厚くなるのでカクカクなる)
  2. 継本数を少なく出来る⇒ロッド本来のテーパーバランスが実現出来やすくなる(究極はワンピースロッド)
  3. 風が強い日でも持ち重り感が軽減できる
  4. 先から幹径まで太さの変化が小さいと感度が良くなる(物理的にそうなります)

こんなところでしょうか?
他にも有るのでしょうけど・・・
何が言いたいかと言うとロッドは単純に太いより細く作れた方が全てに於いて良いとゆう事です。

同じ長さで同じ調子を出そうと思うとロッドが太くなればなるほどオプション(加工)が必要になり価格に上乗せされる事になると思います(全てでは無い)

因みに私の持っているダイワ社のバトルゲームは継本数5本 シマノ社のボーダレスで4本 仕舞寸法の関係も有るのでしょうがこの様な設定になっています。

幹径はダイワ社 旧アオリワンが約20ミリ シマノ社ボーダレスが15ミリで非常に細く作られていますが細いゆえにボーダレスにはデメリットも・・・

それはネジレやすいかもしれません。

そこに至ってはカーボンXテープで締めあげデメリットを克服しています。




コチラのロッドは同じボーダレス4.6メートルのミディアムタイプです。

 

軽さは全てに於いてのアドバンテージとなります。
軽いヤエン竿(ロッド)はとにかく取り回しが非常にラクでボーダレスを一度持ったら手放せなくなります。

ヤエン竿は軽い方が良い

但し少しくらい重くても手元寄りにバランスがきているロッドは実際に持つと軽く感じます。
なので購入する際は釣具店で必ずロッドを伸ばして自分の装着するリールと同じ型番のリールを釣具店でお借りして持ってみる事が大切ですね

ロッド単体で持ってゆすってても調子の参考にもなりませんし、実際の使用感にもほど遠くなりますので面倒でもリールを装着するようにして下さい。

シマノ ボーダレスは160グラム!!

アオリワンで195g

ボーダレス4.6で160g

ボーダレスに16BB-Xデスピナを装着すると420gとなり併せて重心も手元寄りになり操作性にも優れますし、実際に持ってても楽ですw

キャストの時なんかも幹径の細さも相まって竿を振ると「ヒュン ヒュン」しますよw

感度に関してはSMT(スーパーメタルトップ)やメガトップに一日の長があります。

私の持ってるアオリワンは旧タイプなのでSMTでもMTでもなくソリッドティップ(穂先から30㎝位は芯が入ってる)でしたが、それでも感度は良かったのを覚えてます。

逆にシマノ社のボーダレスの方はチュ-ブラー穂先なので、穂先感度ではダイワのバトルゲームには及びませんが、長さをを4.6メートルにする事により少なからず感度とトレード出来ているのではと感じます。

ここは個人の判断と思います。

スポンサーリンク

ヤエンロッドに向いてるテーパーバランスとは?

【教えて!ヤエン竿の選び方】ヤエン竿(ロッド)訴求ポイント

ヤエン用に使う竿ってどんな曲がり方が向いてるのか?

胴部分に張りがあり先調子の竿が向いてるのか?

それとも胴から曲がる胴調子が向いているのか?

ヤエンロッドとしての曲がり

ヤエン竿(ロッド)のテーパーバランス(調子)はメーカーによって色々ですが、全体的に言うとスローテーパー(パラボリック)気味が代表格と認知されてるみたいです。

けれど、これも釣り方によっても変わってきます。

  1. 寄せに重点を置いた胴調子のヤエン竿
  2. パワーに重点を置いた先調子のヤエン竿

どちらが良い悪いは無く釣り方と好みで分かれますね。

合わせを入れるヤエンスタイルでは胴調子のヤエン竿は少し頼りないかもしれないし、寄せに重点を置いたヤエンスタイルの場合は、先調子の竿では反発力が強く、大人しく寄って来るまで時間が掛かるかもしれません(ある程度はテクでカバーできる)

先調子のヤエン竿で胴調子の竿と同様に寄せをおこなえるかと言えば、出来ない事は無いけどラフには出来ないかもしれませんね(ちょっと神経使うかな)

私は専用ロッドと上物ロッド両方を使いましたがそれぞれ一長一短であり釣り方次第と思っています。

これは竿のテーパーバランス(調子)に限っての事で他の部分やデザイン性などを総合して現在はボーダレス4.6MHを使用しています。

ボーダレスは上物調子とはいえ比較的レギュラーテーパーに近いテーパーバランス(調子)になっており幹径も細くて良く曲がるロッドです.

少しでもイメージし易くなる様にテーパーバランスイメージ画像を貼り付けておきますので参考にしてみて下さい。

 

【教えて!ヤエン竿の選び方】ヤエン竿(ロッド)訴求ポイント

パラボリック スローテーパー

パラボリックとスローテーパーの区別は難しく竿全体が平均的に曲がる感じと考えて頂ければOKです。比較的柔らかめの仕上がりになりますので、こちらから掛け合わせる釣りには不向きですが掛けてからのバラす確率は非常に低く竿全体を曲げる事によりアオリイカを浮かせます。

レギュラーテーパー (ボーダレス)

ロッドの約1/2を支点に曲がりスローテーパーと比べればハリの有るバッドを兼ね備えた合わせも比較的入れやすい万能調子となります。

レギュラーファースト

レギュラーファーストの上にファーストテーパーが有りファーストとレギュラーの間を取ったテーパーバランスです。この辺りのテーパーバランスから磯上物色が強くなってきます。

胴のハリが強くアオリイカ用に使えない事は無いですが寄せには工夫が必要で上級者向きとなります。私の好みから見れば少し硬いかなとゆう印象です。

テーパーバランスのみではなく当然、使用ラインは何を使いどんな釣りを展開するのかで良い悪いが決まってきますのでトータルで考える事が重要となります。

寄せにフォーカスするのか合わせにフォーカスするのか悩みどころかもしれませんね

ただ、どのテーパーバランスを使おうが持ってるロッドを最大限曲げる技術(ポジション)が必要です。

スポンサーリンク

ヤエンロッドは「IMガイド」がおすすめ

【教えて!ヤエン竿の選び方】ヤエン竿(ロッド)訴求ポイント

穂先の絡みが激減

竿のガイドに於いては使って初めてわかるものです。

IMガイドが付いてるから沢山釣れるとかって無いけれど、ラインが穂先に巻き付いても簡単に取れるので釣りが少しでもストレスフリーになります。

ボーダレスは上位モデルにIMガイドといって、ガイドの形が楕円形で前側に傾斜が付けられたモノが付いています。

ガイドフレームの形状も安価製品にありがちな直立、正円型ではなく傾斜と楕円でヤエン投入時や投入後の巻き取り、様々な動作をストレスなくおこない操作する為に生まれてきた楕円 傾斜ガイドがIMガイドです。

穂先ガラミを起こした際は直立正円ガイドでは難しい状態でも楕円傾斜のIMガイドならそのまま巻き取るだけでカ糸ラミも解消される事も多いです。

ガイドフレームは2種類

ヤエン竿(ロッド)に使われてる多くのアウトガイドロッドのガイドフレームは何で出来ているのでしょうか? 大別してフレームには2種類有ります。

  1. ステンレスフレーム
  2. チタンフレーム

操作性を突き詰めたロッドには大抵チタンフレームが使用されており非常に軽く作られています。
特に穂先に近づけば近づく程、軽いフレームを使う意味は大きいです。

ガイドフレームの軽量化による恩恵は穂先のブレや曲がりにも影響を与えます。

 

スポンサーリンク

ヤエンロッドは穂先の感度も重要

【教えて!ヤエン竿の選び方】ヤエン竿(ロッド)訴求ポイント

竿の感度が良いと楽しさ10倍

ヤエン釣りでは細いラインを使用しアジに負荷を掛けないで泳がし、アタリが来れば静かにやり取りされる方が殆どでは無いでしょうか?

一転、状況が整えば豪快な合わせと共にバトルが始まります。

そんな静と動の釣りには穂先が柔軟で繊細でありながらもパワーを持ったアウトガイド穂先が欠かせません。

浮きでアタリを取る釣りではない

最近、某メーカーのインターラインロッドを握る機会が有りましたが、ハッキリ言ってヘナヘナで何をしてるか分かりませんでした。

ロッドのオーナーに私の使用しているボーダレスを持っていただくと、あまりの違いに感動され帰りに釣具屋へ直行しボーダレスを購入したとか・・

それ位、扱いやすくて感度が良いのがボーダレスかもしれません。

これから新しいロッドを買ってヤエン釣りに挑戦してみようと考えてるアングラーさんには最初からしっかりとしたロッドを使って頂きたいと思いましたね

以前は最初だから安価品で必要に応じてステップアップすれば良いと思ってましたが、ロッドに関しては帯に短し襷に長しです。
最初から金銭的余裕があるならば良いモノを使って頂きたいと思う今日この頃ですw

私の持論では先径が1.5㎜超えるロッドでは正直、何してるのかさっぱり分かりません。

たかだか10g~20gのヤエンを操作するんですからね~

ヤエン釣りには先径1.2㎜前後で細身のアウトガイドロッドを使って頂ければなぁ~w

釣り竿一つでこんなに違うのかと思って頂けると思いますし、ボーダレスを購入された方からは良い竿と出会えたと言って喜んでくれてる人も居ます。

アウトガイドの竿はラインの送り出しもスムーズ

アジをキャストした位置でアタリが無い場合どうしてますか?

投げる距離は限界がありますよね?

そんな時にはベールオープンにしてノーテンションやテンション掛けながらアジを遥か沖まで泳がせてアタリを誘発します。

こんな時にもアウトガイドロッドのボーダレスならスムーズにラインが出て行きますが、インターラインロッドの場合はラインが竿の中を通っている為、抵抗でライン放出が上手くいかない場合も多々あります。

ロッド内の撥水処理をしっかりしておけば少しは緩和されますが、物理的にラインが竿の中を通っていますので抵抗が掛かりやすくなるのがインターラインロッドです。

なのでフカセ釣りのように、潮に流して釣る方法では穂先を海に浸けてハジキ上げないとラインが出ないのでひと手間増えます

こんなとこからもインターラインロッドが敬遠される訳です。

スポンサーリンク

ヤエンロッドの選び方|まとめ

ヤエン竿のポイント

ヤエン竿(ロッド)をテーパーバランスからガイドセッティング、先径や元径まで普通は見過ごすような所まで踏み込んで書きました。

ヤエン釣りや道具について私なりの着眼点で今回書かせて頂きました。

一つ言い忘れたのは安価な道具でも高価な道具でもアオリイカ釣りは楽しめます。

けれど、釣趣に関して言えばそれなりに特化した部分がある道具には平均的な道具は敵わないと思う今日この頃ですw

纏めますとヤエン竿(ロッド)に求めるモノは長さ5メートル前後で穂先1.3㎜前後の感度が良く竿全体が細くて軽いロッドですかね

アオリワン51vも大変良いロッドですがボーダレス4.6MHも良いロッド

そおっと寄せてヤエンを掛ける従来のヤエン釣りにはアオリワン51v


 

従来の使い方でも使えて、ガッツリ合わせを入れるヤエンスタイルでも決して負けないロッドが欲しいならボーダレスがおすすめ

私のおすすめはコチラのボーダレス4.6MHです。

4.2や4.9でもなく4.6MHが一番おすすめ!!

今年こそは新たなヤエンロッドでデカイカとバトルを楽しんで下さいね

きっとボーダレスを購入すると周りからも一目置かれ「かっこいいなぁ~」って言われますよ!

そんなボーダレスを使うとヤエン釣りの世界観が変わるはずです!


ヤエン釣りは漁ではなくて趣味ですので同じゴールを目指すならプロセスもより楽しめる道具をこの場をお借りして推薦致します。

 

 

コメント

  1. マイマイ君 より:

    こんにちは

    いつも勉強になる記事を、ありがとうございます。

    僕に、ヤエン釣りを教えてくれた渡船屋の副船頭さんの勧めでD社のマークドライを使っていましたが、ボーダーレス4.6MHを使ってからゾッコンです(笑)
    先週、入浴しながらボーダーレスを浴槽で洗っていると不覚にも穂先を折ってしまい、釣行までに治らないので予備竿にボーダーレスBB4.6MHを買いました。

    「釣りは、漁ではない」僕も同感です。
    釣果や大きさは二の次で、安全に楽しく
    釣るまでのプロセスや、拘った道具を大事にして楽しんでいます。
    もちろん、釣れた魚やイカにも感謝しています。

    • あき より:

      マイマイ君さんコメントありがとうございます。
      ボーダレス折っちゃいましたか(涙)私も今回の記事の為に撮影していた際
      Bゲームを折ってしまいました(>_<) 今後も執筆頑張りますので宜しくお願いします!

タイトルとURLをコピーしました