ヤエンに使いたい!ボーダレス460mh-tの口コミとレビュー

ヤエン用 ボーダレスヤエン 竿

こんにちは、あきブログへようこそ

今回のテーマはヤエンでボーダレス460mh-tを使って見たいけど実際の口コミやボーダレスの調子ってどんなの?

そんなお言葉にお応えしてボーダレス460mh-tの口コミ評価とレビューの記事です。

シマノ社がボーダレスオリジナルモデル販売から何年経ったでしょうか?

ここ最近になって、ネットでの口コミやシマノ公式サイトでも「ヤエン釣りで使えるよ~」って宣伝され、ようやくヤエン釣りに使うロッドとして普及してきたように感じますね!

又、ボーダレスを使用した記事なんかも少しづつ増えて来てヤエン釣りしてるアングラーにも認知度が高まってきた感じです。

シマノ ボーダレス 4.6MH 購入

シマノ ボーダレスの口コミ評価とインプレ【ヤエンロッド】

出典:シマノ

ボーダレスはネーミングの通り、なになに専用とかって事ではなく、当初は、幅広い対象魚やフィールドで使える万能竿として開発され「線引きがないよ~」って意味を込めてボーダレスとネーミングされました。

なのでヤエン釣りだけに留まらず、色んな釣りに使える万能ロッドなんですが、ヤエン釣りに関して言えば、ボーダレス460MH-Tはマイルドでありながらも少し尖がった所を持ってる部分がヤエンロッドとしてアングラーに受け入れられ、普及している要因なのかもしれませんね。

皆さんがご承知の通り、これはヤエン釣法が昔に比べて変化してきたからかもしれませんw

昔はアオリイカが乗ったら、そぉ~っと足元まで寄せて来て、ヤエンが掛かるのを待つようなスタイルだったのが、ローラーヤエンの出現でそこまでアオリイカを寄せなくともヤエンが撃て、すばやくアオリイカまでヤエンを到達さす事が可能となり、ヤエンさえ到達してればそこで一気にあわせを入れて掛けに行くあわせスタイルが定着しました。

当然、そぉ~っと寄せてアオリイカ主導で掛かるのとは違って、釣り人がマニュアル感覚で掛けるヤエン釣りとなると、胴調子のロッドではあわせ時に力を吸収してしまい、少し役不足が否めないのかもしれません。

その点、先調子でロッド自体にパワーのあるシマノ ボーダレスに人気が集まってくるのも頷けますね
そんな攻撃的なヤエンスタイルにシマノ社のボーダレスはピッタリマッチするんですが、実際に購入されたアングラーはどの様に感じてるのか?

ボーダレスをヤエンで使ったインプレや評価はどうなのか?
ボーダレスの口コミを見ていきたいと思います。

口コミを見る前に今使ってるヤエンロッドにこのような物足りなさを感じませんか?

もし一つでも当てはまるなら、今回のボーダレス記事を見れば何かヒントや解決策があるかもしれませんねw

  • メチャクチャ重いな~
  • 竿が太いなぁ~
  • ベールオープンにしてもアジがラインを引き出せない(インターラインロッドに多い)
  • 竿がフニャフニャで感度が悪い
  • シャキッと感が無い
スポンサーリンク

ボーダレスの特徴(ヤエンロッド)

スパイラルX

ロッドの内側と外側に、リボンテープ(カーボン)を逆方向斜めに密巻きした三層構造。
カーボン縦繊維に斜めから補強を入れる事により細身にシェイプアップ!

BIGアオリを寄せる際、ロッドの向きとアオリイカの方向が意図せぬ角度でも追従するように保持できる。
同じ様なロッドと比べれば分かる歴然とした本物の存在感。

オールチタンIMガイド(オリジナルモデル)

シマノ ボーダレスの口コミ評価とインプレ【ヤエンロッド】

ガイドリングが正円ではなく楕円径で角度が付いていて今、流行のPEラインを使ったヤエン釣法でも糸絡みし難い
ガイドフレームはオールチタンでガイドリングはSICにて超軽量設計。
穂先にいくほど軽量のガイドフレームが効いてくる。

ボーダレスシリーズ最軽量

460MH-T⇒160グラム

495M-T⇒167グラム

リールシート・グリップ(オリジナルモデル)

シマノ ボーダレスの口コミ評価とインプレ【ヤエンロッド】

感度と軽量化、操作性を重要視したCI4リールシート
460MH-T、495M-Tには軽くて操作性に優れたCI4リールシートとイーブンフィットCI4フードの組み合わせによりリールとボーダレスとの密着剛性が上がりBIGアオリと更にパワーファイト出来る仕様です。
見た目もカッコいいですよ!

スポンサーリンク

ヤエン向き!ボーダレスのベントカーブ(曲がり)

私の使用しているボーダレスは460MHで号数で換算すると1.7号相当と書かれているので皆さん硬いと思われがちなんですが、実際はそうとも限りません。
良く周りにいる人から「よ~曲がるな~」って言われる事もしばしばです。
ここでは1キロのアオリイカが乗った時を想定し、どれ位ボーダレスが曲がるのか確認して下さいね!
1リットルのペットボトルを付けてロッドを曲げてみます。

「ドリャ~」

シマノ ボーダレスの口コミ評価とインプレ【ヤエンロッド】

シマノ ボーダレスの口コミ評価とインプレ【ヤエンロッド】

シマノ ボーダレスの口コミ評価とインプレ【ヤエンロッド】

1リットルのペットボトルの重さは約1キロなのでキロクラスのアオリイカを寄せる際にはこれ位のベントカーブをイメージして下さい。
今回の曲がりはロッド全体に荷重が掛かるようにしていますので、本番の際には手元の位置次第でベントカーブを調整し寄せをおこなうと更にgoodですw

アオリイカを寄せる際は荷重をロッドのどこに乗せるかがポイント

これを意識すればミディアムヘビーのロッドもミディアム風に使えたり、ミディアムライト風に使う事も出来ます(近い感じで)

1.5号ロッドを使っても太い節(竿の2/3くらいに)に一番荷重を乗せるようなロッドワークなら急激な反発が入って元も子もありませんから・・・
それを踏まえてミディアムヘビー(MH)やらミディアム(M)を選ぶ様にすると、よりロッド性能が引き出せるかもしれませんねw

ロッドはただの棒では無いのでアングラーの次第で色んな使い方が出来ますので楽しんでみて見て下さいw

シマノ ボーダレスの口コミ評価とインプレ【ヤエンロッド】

スポンサーリンク

ヤエンに使うと最高!ボーダレスの口コミと評価

シマノ ボーダレスの口コミ評価とインプレ【ヤエンロッド】

ボーダレスの口コミをかき集めてみました。
口コミ内容もさまざまですが良い口コミが多いイメージです。
ただ、ヤエン釣りの口コミばかりではないので、逆にボーダレスの信憑性というか評価が忖度なくされていますので参考になりますよ!

ボーダレスの良い口コミ

1kgの魚なら抜けそうです。
5.0
ボーダレスはこれで2本目です。
足場が高いところで魚を抜けるようにボーダレスMHを購入しました。
まだ使って無いんだけど少し位大きくてもボーダレスならゴボウ抜き出来そうです。

最軽量で粘り強いロッド
4.5
他社の磯竿も使いましたが、同シリーズの上位と比べてもボーダレスのブランクスは細身で軽量なので魅力的です。
取り回しも良く、ラインメンディングも容易に出来ます。
磯や波止などマルチに使うならボーダレス4.6メートルが汎用性も高くおすすめですね。

メチャクチャ軽いしヤバい!
4.0
ボーダレスは竿自体が強く大き目の獲物も問題なく寄せることができるのでおすすめ。
元径が15ミリと細身で軽いおかげで片手で竿、もう片手でタモをもって取り込みも余裕でした。
自分の不覚で何度か穂先を磯へ当ててしまいましたが全く問題なかった(折れたかと思いました)

ボーダレスは軽くてカッコいいですよ
5.0
磯でフカセ釣りで使ってます。軽いので取り回しが楽で疲れ知らずで重宝いています。
大きめのメジナも抜けて結構腰も強いです。
シマノロッドでここまで軽く、粘り強いやりとりができる竿はボーダレスくらいではないでしょうか?

アオリイカヤエン釣りに使ってます
4.0
ロッド自体がカッコ良くて使って見たくて購入しました。
ボーダレス4.6MHを使ってますけど、磯竿1.7号相当のパワーがある割には柔らかくて良く曲がって大型のアオリイカが掛かっても余裕です。
竿自体も細身で仕上げられてるせいか、風切りも良くて少しぐらいの風なら操作性が落ちたりしませんね
ネットの口コミを見て購入したんですけれど、口コミ以上のポテンシャルを持ったロッドと思います。

ボーダレスの悪い口コミ

すぐ折れた
1.5
購入後一ヶ月経過。
2回目の釣りに行った時の事です。
ボーダレスでメタルジグ24グラムをキャストした瞬間穂先が折れました。投げ方が悪かったのか分かりませんが丁寧に管理してた分とても残念です。

簡単に折れる
2.0
ボーダレスの特徴は細くて軽いだけ。3回目の釣行で思いっ切りキャストしたら穂先部分ががあっけなく折れました。
耐久性は極めて低い。

購入前に熟考した方がいいかも
2.5
ボーダレスは素晴らしい竿ですが一番の短所はその汎用性だと思います。
マルチに使える様に考えてるのか、どっちつかずのロッドだとおもいます。
狙う対象魚に合わせた専用ロッドをチョイスするのが一番です

ボーダレスの口コミ ①破損に関して

悪い口コミを見てると穂先が折れたっていうのが多い気がしますね
これも見てるとキャスティング系の釣りのようですw
ボーダレスでジグなどウエイトのあるルアーや大き目のアジをキャストする際にはルアーキャスティング方法(ピシッ!)で投げるより、ウエイトを胴へ乗せるイメージでふんわりとキャストした方がキャスト後に穂先がバタつかず損傷しにくいようですね。

ロッドの胴に乗せる感じのキャスト。

これは過去動画でシーバスハンターの泉 裕文氏も提唱していましたが、元は磯竿なのでビシッ!とキャストすると、どうしても穂先に負担が掛かり破損しやすいようですね。
ロッド破損に関してはボーダレスが弱いとかではなくキャストの仕方にも問題があるように感じます。

ボーダレスの口コミ ②専用のロッドではない

又、ボーダレスは専用品ではなく汎用性があるのでどっちつかずになりやすいとの意見も有るようですが、これも考え方次第で変わります。

ボーダレスのテーパーバランスや硬さがアオリイカ釣りに合わないと思うか、合うと思うかはその人の主観で決まりますので、ここは何とも言えませんねw
私的にはフニャフニャの何してるか分からない磯竿よりも、ボーダレスの方がハリがあって軽く、取り回しも良い為、ヤエン釣りにはバッチリとハマると思います。

それと、自分の不注意で穂先を何度か岩などに強く当てたりした事が有るんですが、その時は折れたと思いましたがキズさえ付けど、折れる事も無く現在も使用しています。

1.7号だったからなのか、スパイラルXが効いてるのか、何なのかは分かりませんが極端に弱い竿って事は感じません。
結局は釣り方によっても変わるんではないかと感じます。
寄せ調子を重要視するか、寄せはテクニックでカバーし、あわせて掛けるダイナミックなヤエンに注視するかはアングラー次第ってところです。

どんな竿でも向き不向きは有るが決めるのはあなただと思います。
あなたはどの様に思いますか??

スポンサーリンク

ヤエンで使おう!ボーダレスの口コミ評価とレビュー|まとめ

シマノ ボーダレスの口コミ評価とインプレ【ヤエンロッド】

今回はシマノのボーダレスの使用感や口コミ、評価をお届けしました。
実際、アオリイカが掛かったらボーダレスってどれくらい曲がるのかもイメージ出来たのではないでしょうか?
購入前にベントカーブなどを使ってる竿と比較して頂き購入の参考にして頂ければ幸いです。

ロッドの名前は線引きしないって意味で命名されたシマノ ボーダレスですが、スパイラルXも相まってネジレに強くブランクも強靭なので令和のヤエン釣りにはベストマッチすると個人的には思いますw

手元はCI4リールシートイーブンフィットCI4フード(460MHと495M)で軽量ロッドですがロッド剛性もしっかりしてるのでデカイカとバトルしても安心感を与えてくれる作りとなっています。

アオリイカはどんな道具でも釣り上げる事自体は可能ですが、より上質で楽しい釣りをするならばボーダレスを一考されてみてはいかがでしょうか?

みんなと違う道具で最高のひと時を過ごさせてくれる、ボーダレスの世界観に触れてみて下さい。

シマノ ボーダレスの口コミ評価とインプレ【ヤエンロッド】

 

 

コメント

  1. こうた より:

    始めましてこうたと申します。
    何時も参考にさせて頂いています。
    わたしもボーダレス購入しょうと思ってます。
    シマノのサイトで見るとhttp://fishing.shimano.co.jp/product/rod/5054
    ホーダレスのオリジナルのMH-Tで良いのでしようか?
    磯の文字が入って無いのでモデルルームが違いますか?

タイトルとURLをコピーしました