実践的ヤエン釣り情報サイトです。ヤエン釣りの楽しみ方やヤエン自作 釣果に繋げる考え方 釣り道具(竿/リール)や釣り服や釣りズボンに至るまで情報発信しています。

ヤエンで使うリールのおすすめはこれ!ヤエンリール決定版

ヤエンで使うリールのおすすめはこれ!ヤエンリール決定版

ヤエンで使うリールのおすすめはこれ!ヤエンリール決定版

ヤエンリールに求める機能はいろいろあるが外せないのはアオリイカが引っ張ればラインが出る機能ですね

皆さんはヤエン釣りにはどんなリールをつかっていますか?? ヤエン釣りに使われてるヤエンリールは大きく分けて二種類です。リアドラグ式スピニングリールとLBリール。

文書だけのライターさんでは分からないヤエン釣りの実践に使ってきて気付いた細かな点をお伝えできればと思ってます。

ヤエン釣りで使うリールは専用リールと銘打ったヤエンリールが各メーカーから販売されています。いわゆるリアドラグ式のスピニングリールです(下画像)

なぜアオリイカ専用を謳って個別にリールが販売されてるのかと申しますとアオリイカがエサを食べる習性に起因しているんですね

ではその習性とはなんぞやをご説明します。

アオリイカはエサのアジに襲いかかると仲間に横取りされない様に安心して食べられる所まで持っていって食べる習性が有ります。これは何もアオリイカに限った行動ではなくトラやヒョウなんかの肉食獣なんかも横取りされない様に安心して食事できる場所まで持って行って狩りをしたその場で食べる事はしないんですね、アオリイカもトラやヒョウなどと全く同じで捕まえた獲物を安心して食べれる所まで持っていってから食べるようです。海洋生物としてこの様な行動を取る生物は珍しいです。

この様に安心して食べられる場所まで持っていく時にヤエンリールの糸が解放(糸が出る状態)されていないとテンションが掛かってアオリイカは捕えたエサのアジを放してしまいます。

テンションが掛かっても運が良ければその場で食べる事もあるかもしれませんが、通常は食べるのを諦めてエサを放してしまうでしょう。

こんな理由からアオリイカが引っ張ればリールに巻かれたラインが自動(手動)で出る様にワンアクションでドラグを一発解放できるリールが販売されているんですね。

それが下の写真のリールです。リールの下にレバーが付いているのが分かるかと思いますがコチラのレバーを横に動かしてラインの出方を調整します。

販売されているヤエンリールは今回紹介しているドラグノブを横に動かすレバータイプも有れば上下に動かすクラッチレバーなるものがありますが横に動かすタイプがシマノ社製で上下に動かすタイプがダイワ社製が多い様です。

私はシマノ社製を使っていましたが使いやすくて故障もなく今でも昔を懐かしんで時々使う事もあります。私の使用していた写真のヤエンリールはバイオマスターってゆうヤエンリールになりますが今はもう販売されていません。しかし現在でもシマノ社から基本構造は殆ど変わっていないモノが販売されています。

ヤエンで使うリールのおすすめはこれ!ヤエンリール決定版


ヤエンリールはリアドラグ式がポピュラーだけどデメリットはなに?リアドラグ式ヤエンリールに迫る!

リアドラグ式ヤエンリールはコストパフォーマンスに優れてはいるが・・・

さすがにヤエン専用と言うだけあってアタリがあってからラインの送り出しは大変スムーズでラインが出て行く際はスプール(糸を巻いてるとこ)が逆回転すると「チリチリチリ・・・・・」と音が鳴る様になっており少し離れていても音でアオリイカのアタリが来た事を知れせてくれたり価格も比較的安価で購入しやすいと思います。

しかし構造的な弱点やコスト的に削られた弱点があるのは事実かも知れません。

だからといってリアドラグ式のヤエンリールではヤエン釣りが楽しめないのかと言うとそんな事は有りません。私も過去(現在も時々)に使用しており現在も多くの人が使用しているヤエンリールなのですが先に記載している様に購入する前に知っておいた方が良い事が有ります。これは釣具屋の店員が説明してくれる事は無いと思います。(私は1度も有りませんでした)


他にも有るかもしれませんが思い付く主なデメリットは以下の通りです

  • 安価なリールは剛性面で心配
  • ドラグ開放のままハンドルを回す事による糸ヨレが頻繁に起こり穂先に絡んだりリールに絡んだりしやすい
  • ベアリングが海水対応になってないヤエンリールが多い(そもそもベアリングが入ってない機種もある)
  • 本体がウォータープルーフ仕様では無い

他にも有るのかもしれませんが非常に特徴的なのはリアドラグを緩めたままハンドルを回す事による糸ヨレが通常のスピニングリールに比べて酷いと思います。

スピニングリールの構造上、ラインにヨリを掛けながら巻き取る方法なのでどうしてもヨリが掛かり易くなるんですが、ただでさえヨリが掛かってラインがクルクルしてもつれたりしやすいんだけど、リアドラグ式スピニングリールの場合はアングラーが無意識にリアドラグを緩めたまま(糸を手で引っ張っると抵抗なく出る状態)ハンドルをクルクル回してる人が非常に多いです。ジージー言わせながらハンドル回してるw

これは通常でもヨリを掛けながら巻いているのにカラ回しする事により更にるヨリを掛けてる事になります。

この様にヨリが掛かったラインはライン同士が引っ付いたりして非常に扱い難くトラブルの元になったりします。 最悪な場合はヤエンの糸掛け部に絡まったりしてヤエン進行にも影響しヤエン釣りそのもに支障を来す場合も出てきます。 又、ソルトウォーター仕様になっていない製品が多くてベアリング等サビに弱くいくらメンテナンスを小まめにおこなってもサビやすいです。特にラインローラー部分が一番にやられますが、ここをやられるとリールとしては致命的ですね

ヤエンリールおすすめはこれ!初めて買うヤエンリールはこれに決まり!?

ヤエンで使うリールのおすすめはこれ!ヤエンリール決定版

ヤエンリールに迷いは無用 最初からヤエンリールはこれにしとけば良かった!?

ヤエンリールには専用品と銘打ったリールが存在する事とそのリールのデメリットをお伝えしましたね。そうそう、メリットをお伝えしてませんでしたね?

リアドラグ式ヤエンリールのメリットは今からご紹介するリールと比べた場合、安い事だけかもしれません。他の全ての事は今から紹介するリールの方が勝っています。

そのヤエンリールとはフカセ釣りなんかで使用するレバーブレーキ式スピニングリール、通称LBリールです。

何が勝っているのかと言えば全てが勝ってるかもしれません。

リアドラグ式スピニングリールのデメリットで上げた事は全て解消されます。 糸ヨレも殆ど発生しませんので釣りするのにストレスを感じないと思いますよ!

このLBリールはラインを巻く時にはリアドラグ式リールみたいに空回りしません。ラインを出す時もベールとハンドルが同調して回りラインが出て行きますのでスピニングリールの欠点であるヨリが掛かり難いんです。(ほぼ掛からない)

※最近一部のリールはベールが逆転してもハンドルが回らない機種も出てきました⇒スットブレーキ

ヤエンで使うリールのおすすめはこれ!ヤエンリール決定版

画像を見て貰えれば分かると思うんですがレバーブレーキの由縁であるレバーが付いてると思います(ゴールドのやつ)

このレバーは三段階に動きますが通常釣りしてる時は①の逆回転ロック状態では使用しません。釣り時は②と③の状態で使います。

  1. ハンドルの逆回転ロック
  2. レバーを握るとローターを固定しライン放出ストップ
  3. レバーを離すとローターが逆回転しライン放出

一応、少しだけブレーキを掛けるファジーな操作も慣れれば出来ますがとっさにするのは慣れないと難しいかもしれませんwとっさの際はドラグに頼れば良いと思いますよ(私もそうしてます)それ以外のシチュエーションではレバーを握るか離すだけでシンプルに使えば良いと思う。

人差し指1本の動きでアオリイカの動きに合わせて対応出来る便利なリールです。

価格は少し張りますがヤエンリールとしてのポテンシャルは非常に高くLBリールへ移行されてる人も多いです。 リアドラグ式スピニングリールを購入してもいずれはコチラのリールを購入する事になると思いますので最初から購入しておいても良いのではないでしょうか?

私は今から思えば散々散財してきたので皆さんには出来れば近道して欲しいと思います。


レバーブレーキリールをヤエンリールとしての使う方法は?

アタリを待つ時はレバーはフリー状態でアオリイカが引っ張ればハンドルが逆転してラインが出る様にしておきます。 しかしアタリがあってもチチチチ・・・・・って音はなりませんので目を離さないで見ておくか改造業者(個人)に頼んで改造してもらうかアタリ鈴で分かるようにするかどれかになります。

自分はアタリ鈴を使っています。 アタリがあってハンドルが回ればハンドルに当たる様にしてますのでコロリン~って鳴りますw w

アナログで昭和感満載で改造してる人から見たらダサダサと思いますが良く聞こえるのは聞こえますw

アタリがあってからアオリイカとのやり取り中に急に走り出したり暴れた際も人差指1本でラインの放出が出来るので大変スマートにやり取りできます。これがリアドラグ式スピニングリールだと両手が必要になってきて忙しくローターの空回りばかりさせてしまうので難儀極まりないですね。

少し高価では有りますがどのみち購入するくらいなら清水の舞台から飛び降りる気で最初から奮発しても良いと思います。

画像を見て貰えれば分かると思うんですがレバーブレーキの由縁であるレバーが付いてると思います(ゴールドのやつ)このレバーは三段階に動きます。 ハンドルの逆回転ロック 握るとスプールを固定しライン放出ストップ 離すとスプールが逆回転しライン放出

アタリ鈴は南紀にあるフィッシングナニワさんで購入できます。

アタリ鈴の使い方は私の様な使い方ではなくロッドに挟んでラインを引っ掛けて使います。ピアノ線の先には蛍光丸型発砲浮きを田辺の人は付けてましたね

これで音と目でアタリが来たのが分かるとゆう先人の知恵です。

管理人の使い方はピトンに挟んで逆回転したハンドルが当たる様にしていますので最先端のスットブレーキでは無理なんです(。-_-。)

参考にもなりませんが一応写真を載せときます。

大松 アタリ鈴 ヤエンで使うリールのおすすめはこれ!ヤエンリール決定版

改造しないレバーブレーキリールをヤエンリールとして使う時の注意点

LBリールを購入する際に一つだけ注意点が有ります。それは改造しないでLBリールを使う場合はシマノ社製のレバーブレーキリールを購入をおすすめします。

その際もゼロフケテンション付きを買うようにしましょう! これは音出し改造しない前提での話で音出し改造するなら気にしなくても良いと思います(音出し改造するならシマノ製が良いみたい) ゼロフケテンション付きとは逆回転時に微妙なテンションが掛かる様に出来るシステムでこれが付いてるとアオリイカが勢いよく引っ張って急に止まってもローターに慣性力がつきにくい(ほぼつかない)のでアオリイカは止まっててもローターだけが回転してバックラッシュ(ラインがモジャモジャになる)するのを防げます。

但し音出し改造してしまうとメーカー保証の対象外になりますので注意して下さいね。

ヤエンで使うリールのおすすめはこれ!ヤエンリール決定版

これからヤエン釣りを始めようと思っている方も余裕があればレバーブレーキリールを購入を考えてみては如何でしょうか?高いと考えるのか相応と考えるのかはアングラーであるあなた次第です。

しかし続けるか分からない場合はリアドラグ式スピニングリールを購入しても良いのかもしれませんが冒頭で触れてるデメリットは頭に入れて使って下さいね

ま~そうは言いつつもたくさんの方々がヤエンリールとして使われてるので問題は有りませんが糸ヨレが酷い事とやり取り中に色んな所を触らないといけないのは確かでレバーブレーキリールはその逆で操作(ラインを出したり巻いたり)が単純でシンプルで使いやすいので初期投資として購入を考えてみるのも悪くはありません。



ヤエンラインおすすめは? アタリを出す為のヤエンラインはこれ!
ヤエンリールに巻くラインに関しても記事にしていますので良ければ覗いてみて下さい。

ヤエン用リール第二段記事(2019年9月10日18:00投稿予定)

シマノでヤエン用リール買うならおすすめの機種やギア比はコレだよ!

今回は以上です。

お付き合い頂きありがとうございます。

ご参考になれば幸いです。


関連記事

コメント

  1. アバター
    • ヤエン入門者
    • 2019年 6月 14日

    初めまして!
    愛媛でヤエン釣りを始めてまだ4回目の者です。
    何故か磯ヒラスズキからヤエンに目覚めたのですが、今はアオリスタci4 を使用しておりますがレバーブレーキが気になりデスピナ の購入を検討しております。 そこでいくつか教えて頂きたいのですが、ギアはどれがオススメでしょうか? 音出し改造されてないのは何故でしょう?

    • あき

      ヤエン入門者さんコメントありがとうございます。
      ご質問の件にお答え致します。

      Q ギアのおすすめは?
      A ハンドルの負荷(回るときの最初の負荷)が軽い方が良い場合はタイプGが良いのではないでしょうか?HG→XGとハイギアに成る程負荷は掛かりやすくなります。
      私はXGですが巻き取りも速く逆転負荷も良いくらいではないかと思ってますが、小さなアオリイカではラインを引き出せない場合も有ります。
      ただ春時期の大きいアジを使う場合は逆転が軽すぎるとアジがラインを引っ張り出し過ぎる場合もあり一長一短ですね。
      ご自身の好みでしっくり来るものが良いと思いますよ!

      Q 音だし改造しないのはなぜ?
      A 改造工具を持ってないのと改造しなくても釣れるからですが自分で出来ればやってもいいかもしれませんね
      わざわざお金払ってやって貰おうとは考えてません。
      ま、そんなに重要視してなのが一番の要因かもw

  2. こんばんは

    いつも、参考になる記事を掲載していただき
    ありがとうございます。
    ヤエン釣りをはじめて、1年も経ちませんが
    リールは、アオリトライアルからアオリスタCI4そしてデスピナ(音出し仕様)に落ち着きました。
    近道して欲しい気持ち、よくわかります。

    • あき
      • あき
      • 2019年 5月 20日

      マイマイ君さん
      こんにちわ!ヤエン始めて1年未満でデスピナとは・・・流石です!
      私なんか鈴使ってるんでメチャ昭和なヤエン釣りですw
      リールも最終的にはLBがいいんですが自分も散々、アオリマチックやナビ、バイオマスター使ってきたんで・・・
      ヤエン釣りがもっとポピュラーになる様にブログ執筆がんばります!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール





管理人のあきです


京都市在住のフリーランス


色々な釣りを経験した後にヤエン釣りに辿り着きましたwこれから釣りを始めようと思っている初心者アングラーを応援しています。

 

プロフィールをもっと見る

 

自己記録 アオリイカ4.4㎏


 

日時 : 2017年4月4日 PM23:00頃

場所 : 和歌山県すさみ町

潮 : 小潮

月齢  : 半月

波  : 14:00~17:00北西の風やや強18:00頃より凪

【使用タックル】

ロッド : SIMANOボーダレスBB 4.6MH

リール : 11BBXデスピナ C3000D XG

ライン : SIMANO PEライン G5 0.8号

リーダ : SUNLINE FCスナイパー 10LB

ヤエン : オリジナルPTFE跳ね上げローラーヤエン

https://ameblo.jp/404aki404/entry-12263105772.html


カテゴリー

アーカイブ

ブッシュ通知


Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFilipinoJapaneseKoreanLaoThaiVietnamese