PR

【13項目比較】ヘアバースとパントガール:育毛サプリの違いを徹底解説

パントガールサプリ ヘアバースサプリメント

ブログ監修者のあきです。

ヘアバースとパントガール、どちらの育毛サプリが良いのか迷っていますか?

ヘアバースは男性も女性も使えるサプリで、パントガールは女性向けのサプリですが他に違いはあるのでしょうか?

この記事では、両者の成分、価格、効果など、13項目を徹底比較します。

ヘアバースとパントガールの違いを理解し、あなたが最適な選択をするために役立てて頂けると幸いです。

実際に両サプリを摂取したレビューも掲載しているので是非チェックしてみて下さい。

記事内容

  1. 【13項目を徹底比較】ヘアバースとパントガールの違いを完全ガイド
  2. 違いは?ヘアバースとパントガールを飲んだ女性の声
  3. 【検証結果まとめ】ヘアバースとパントガールの違い
監修者

セントラル代表のあきです。
毛髪診断士として薄毛にお悩みの男性 女性をサポートしながらプライベートでは趣味でアオリイカのヤエン釣りをしています。
当ブログでは総合毛髪業での経験を活かし、育毛剤・サプリ・ウィッグなどの動線による問題解決から、釣り道具に関連する話題までをブログ形式でお届けしています。

あきをフォローする

【13項目を徹底比較】ヘアバースとパントガールの違いを完全ガイド

  ヘアバース パントガール
種類 健康食品 医療用
健康食品
対象性別 男性 女性 女性
対象年齢 年齢制限なし
(15歳)
12歳~
生産国 日本 スイス
オーストリア
内容量 120カプセル 90カプセル
飲み方 1日2回
1回 2カプセル
1日3回
1回 1カプセル
効果 AGA/FAGA
びまん性脱毛症
産後の抜け毛
FAGA
びまん性脱毛症
産後の抜け毛
成分
  • ビタミンB1
  • パントテン酸
    カルシウム
  • ケラチン
  • L-シスチン
  • 乾燥酵母
  • 葉酸
  • 大豆イソフラボン
  • 亜鉛
  • ビタミンB1  
  • パントテン酸
    カルシウム 
  • ケラチン 
  • L-シスチン 
  • 薬用酵母 
  • パラアミノ
    安息香酸
    (葉酸の構成
    成分の一つ)

授乳中・
妊娠中
摂取制限

副作用報告
購入方法 ネット通販 クリニック
個人輸入
販売価格 初回:2,980円
2回目:6,912円
初回:5,500円
2回目:8,800円
返金保証 有り 無し

※税込価格

価格や購入の手軽さ、効果効能、内容成分を比較した場合、私的にはヘアバースサプリメントの方が日本人向けだと感じますが、ヘアバースにはヘアバースの特徴がありパントガールにはパントガールの特徴があります。

ただ、双方の違いは13項目あるのでひとつずつ比較しながら違いをみていきましょう。

種類

商品名 ヘアバース パントガール
種類 健康食品 医療用健康食品

ヘアバースとパントガールはどちらも健康食品に分類されますが、購入方法に違いがあります。ヘアバースは医師の処方箋がなくても購入可能な一方、パントガールは医師の処方箋をもとに購入するのが一般的です。

対象性別

商品名 ヘアバース パントガール
対象性別 男性・女性 女性

ヘアバースは男女どちらでも使用可能ですが、パントガールは女性専用のサプリメントです。

対象年齢

商品名 ヘアバース パントガール
対象年齢 15歳以上 12歳未満は摂取を
控えて下さい。

ヘアバースは年齢制限が設けられていませんが、15歳以上の方が摂取することが推奨されています。一方、パントガールは12歳未満の方の摂取は控えるように指示されています。

生産国

商品名 ヘアバース パントガール 
生産国 日本国内 スイス
オーストラリア

ヘアバースは日本国内で生産され、日本人のニーズに合わせて国内医療メーカーで生産・設計されています。

一方、パントガールはスイスやオーストリアで製造され、主に外国の女性を対象に作られています。

内容量

商品名 ヘアバース パントガール 
内容量 120カプセル 90カプセル

ヘアバースは1ヶ月分として120カプセルが含まれていますが、パントガールは1ヶ月分として90カプセルが含まれています。また、カプセルのサイズにも違いがあり、ヘアバースは日本人に合わせた飲みやすいサイズであるのに対し、パントガールは外国人を対象としているため少し大きめのサイズとなっています。

飲み方

商品名 ヘアバース パントガール 
飲み方 1日2回
1回2カプセル
1日3回
1回1カプセル

飲み方に違いがある事も知っておいた方が良いと思います。

大きく違う点は、ヘアバースは飲み忘れても1日の摂取上限内であればまとめて飲んでも問題ないのに対して、パントガールは飲み忘れた場合でも次に忘れた分をまとめて飲む事は禁止されています。

飲み方の違いで最も大きく違う点なので覚えておきましょう!

ヘアバースの飲み方注意点

ヘアバースは1日2回で1回2カプセルを朝夜摂取するのが推奨されています。

ただ、開発した医師は飲み忘れるくらいなら1度に4カプセルを食後の消化が高まっている時に飲んでも問題ないとおっしゃっています。ビタミンは熱に弱い特性がある為、飲み物に関しては水かぬるめの白湯で飲むようにして下さい。

パントガールの飲み方注意点

パントガールは1日3回、1回1カプセル朝昼夜摂取する事が推奨されています。

ヘアバースと飲み方の相違点はパントガールの場合は、飲み忘れた分は次回分にまとめ飲みしないようにアナウンスされています。

効果

ここからは効果の違いを見てみたいと思いますが、同一人物での検体が用意できないので一般的に言われている効果効能を比べてみたいと思います。サプリなので効果効能は謳えませんが便宜上の表現として

商品名 ヘアバース パントガール 
効果
  1. ボリュームアップ
  2. びまん性脱毛症
  3. 男性型脱毛症
    (AGA)
  4. 女性型脱毛症
    (FAGA)
  5. 産後脱毛
  1. ボリュームアップ
  2. びまん性脱毛症
  3. 女性型脱毛症
    (FAGA)
  4. 産後脱毛

ヘアバースとパントガールはどちらもCYPを主成分としたサプリで、違いはほとんど感じられません。

しかし、ヘアバースは男性の発毛促進にも効果が期待できるため男性愛用者も多いです。

一方、パントガールは女性専用で、びまん性脱毛症・女性型脱毛症・粃糠性脱毛症を中心に多数の使用者がいます。どちらを使うにしても効果には個人差が有るので、最低3ヵ月~6ヶ月間は使用するようにして見定めるようにしましょう。

成分

商品名 ヘアバース パントガール 
成分
    • ビタミンB1
    • パントテン酸
      カルシウム
    • ケラチン
    • L-シスチン
    • 乾燥酵母
    • 葉酸
    • 大豆イソフラボン
    • 亜鉛
  • ビタミンB1  
  • パントテン酸
    カルシウム 
  • ケラチン 
  • L-シスチン 
  • 薬用酵母 
  • パラアミノ安息
    香酸(葉酸の構
    成成分の一つ)

成分の違いを比較をしていきたいと思います。

ヘアバースとパントガールはどちらもCYP成分(シスチン・乾燥酵母・パントテン酸)・ビタミンを主成分としていますが、それぞれに特有の成分も含まれています。

ヘアバースの成分

ヘアバースは、亜鉛と大豆イソフラボンを追加成分として含んでいます。

これらの成分は、日本人女性の亜鉛摂取不足と近年の食文化の変化による女性ホルモンの減少を補うためにプラスされています。

これにより、ヘアバースは髪の健康だけでなく全体的な健康維持にも寄与します。

パントガールの成分

一方、パントガールはパラアミノ安息香酸(葉酸の構成成分の一つ)を含んでいます。

パラアミノ安息香酸は、髪の毛の元となる細胞の成長を助ける効果があります。

成分の違いまとめ

パントガールサプリと違い、ヘアバースには亜鉛と大豆イソフラボンの2つの成分がプラスされています。これにより、ヘアバースはより幅広い用途に対応する処方を実現していると言えるでしょう。

どちらを選ぶかはあなた次第です。

授乳中・妊娠中の摂取制限

商品名 ヘアバース パントガール 
授乳中・妊娠中 摂取できる 摂取を控える

ヘアバースとパントガールは、髪の健康をサポートするためのサプリメントとして広く知られています。しかし、これらの製品は授乳中や妊娠中の女性に対して異なる摂取制限があります。

ヘアバースの摂取制限

ヘアバースは日本国内で認められた素材のみを厳選して使用しています。そのため、産前産後、授乳中の女性でも安心して摂取できます。

パントガールの摂取制限

一方、パントガールは授乳中や妊娠中の女性に対して摂取を控えるように勧告されています。

授乳中や妊娠中の女性がサプリメントを選ぶ際、ヘアバースとパントガールのこの違いを理解することは重要です。

副作用

商品名 ヘアバース パントガール 
副作用 報告例なし 報告例あり

ヘアバースとパントガールはどちらも薄毛対策できるサプリメントとして広く使用されていますが、これらの製品は副作用やアレルギーについて異なる特性を持っています。

まずはヘアバースから副作用やアレルギーに関しての違いを見ていきたいと思います。

ヘアバースの副作用

ヘアバースサプリに関して言えば、カテゴリーが食品なので安全性も担保されており副作用は殆ど無いと思っても問題ないようです(妊娠中や授乳中でも摂取できる)

ヘアバースは食品カテゴリーに分類され、その安全性は担保されています。

したがって、副作用はほとんどなく、妊娠中や授乳中の女性でも安心して摂取できます。

ただし、15歳以下の方はヘアバースの服用を避け、育毛剤でヘアケアを行うことを推奨します。

ヘアバースの副作用について詳しく解説していますのでこちらをご覧ください。

では、パントガールは副作用はあるのでしょうか?

パントガールの副作用

一方、パントガールはサプリとは言え医薬品なので次のような副作用の報告例があります。

アレルギー体質や体力が衰えている場合、または飲み忘れた場合などはパントガールの服用を控え過剰摂取を避けるようにしましょう。

副作用実例
  • 下痢・腹痛・吐き気など胃腸系の副作用
  • 頭痛・めまい・発汗
  • 皮膚疾患(蕁麻疹・発疹など)
  • 未成年・妊娠中の女性、授乳中の女性は使用不可
  • 薬を服用中の方は医師に相談(スルホンアミド系の薬を服用なら必ず相談)

購入方法

商品名 ヘアバース パントガール 
購入方法 ネット通販 クリニック
個人輸入代行サービス

ヘアバース購入方法

購入方法の違いについて解説します。

もうお分かりと思いますがヘアバースサプリはネット通販で手軽に購入できますが、中身が保証されていない転売品のヘアバースも多く販売されていると聞きます。

ヘアバースはAmazonや楽天などで販売はしていなく、本物のヘアバースを購入するならセレスクリニックないしはヘアバース公式サイトで購入することをおすすめします。

また、通販で購入する場合に限り、30日全額返金保証制度が使えますので体に合うかどうか試してみたい方はネット通販一択だと思います。

支払方法はカード決済からコンビニなどでの後払い決済(手数料あり)があるので都合の良い購入方法を選べます。

パントガール購入方法

一方、パントガールは基本的に医師の処方箋を元に購入します。

しかし、近年では個人輸入を代行する形での購入も増えトラブルの元となっています。

輸入代行業者は品質の保証までおこなってくれるわけではないので、偽物をつかまされる事も考慮する必要があります。

個人輸入で購入する場合は、自己責任でおこなって下さい。

パントガール インターナショナル版の購入はこちら>>>パントガール(Pantogar)インターナショナル版
パントガール オーストリア版の購入はこちら>>>パントガール(Pantogar)[オーストリア版]
医師のカウンセリングのもと購入する場合はこちら>>>AGAスキンクリニックがおすすめです。

販売価格

ヘアバースは、セレスクリニックが監督している公式サイトから購入することができます。価格は以下の通りです。一方、パントガールは基本的に医師の処方箋を元に購入します。価格はクリニックにより異なります。

ヘアバースとパントガールの販売価格を比較することで、どちらの製品が自分に合っているかを判断する一助となります。

商品名 ヘアバース
サプリメント
公式サイト
パントガール
AGAスキン
クリニック
パントガール
聖心美容
クリニック
初回
価格
2,980円 5,500円 10,780円
2回目
降価格
6,912円 8,800円 10,780円
3ヵ月
価格
18,904円 23,100円 32,340円
送料 700円 無料 無料
返金
保証
30日間 無し 無し

※税込価格

返金保証有無

商品名 ヘアバース パントガール 
返金保証 30日間返金保証 無し

返金保証の違いを表にしました。

パントガールサプリには返金保証は無く、ヘアバースサプリメントには30日間の返金保証がありますので、万が一お体に合わない場合などは申請すれば購入代金が返金されるので試しやすくなっています。

違いは?ヘアバースとパントガールを飲んだ女性の声

【レビュー】ヘアバースとパントガールを実際に使ってみて感じた違い

ヘアバース パントガール

ヘアバースを被験者へ使ってみた感想をインタビュー形式でお届けします。

詳しい体験記はこちらの記事を参考に頂ければと思います。

ヘアバースを選んだ4つの理由

ヘアバースを選んだ理由とパントガールを続けなかった理由をお聞かせください。

私がヘアバースを選んだ理由を以下にまとめました。

  1. 送料無料で初回66%OFFで購入できる
  2. 純国産で副作用が無い
  3. 医師の処方箋は不要
  4. CYPの他、大豆イソフラボンや亜鉛成分がプラス配合

私の中では価格の違いも重要でしたけど、育毛サプリは継続力が効果に直結すると聞いていたので、簡単に続けられるサプリが良いと考えてヘアバースを選んだんです。

パントガールを続けなかった5つの理由

ヘアバースと違ってパントガールは医師の処方箋ありきなので続けるのも大変でした。

個人輸入なら問題ないという声も聞こえてきそうですけど、口から飲むものなので信頼のおける病院で購入していました。

  1. 通常は医師の処方箋が必要
  2. 個人輸入は自己責任
  3. 商品代以外に診察料や個人輸入代行料が必要
  4. 国産ではない為、外国人に合わせた処方
  5. 副作用の報告あり(なので処方箋が必要)

やはりパントガールは価格的にも、購入方法も私のような女性には不向きかもしれません。どうしてもパントガールが良い場合は最初だけ病院で購入し、効果あるなら個人輸入に切り替えるの安上りで良いと思います。

ただ、個人輸入は中身の保証はしてくれないので何かあっても自己責任です。偽物の可能性は拭えませんが…。

ヘアバースの効果はいつまで?

ヘアバース摂取前

本人希望でモザイク処理しています

実際にヘアバースサプリを飲んでみての感想は?

ヘアバースを使って感じた事は、用法容量やカプセルサイズもさることながら日本人の事を考えられて作られているので飲みやすいと感じました。

ヘアバースもパントガールもサプリメント全般に言える事ですが、どんなに良いサプリメントも続けなければ効果は期待できないと思うんです(髪にはヘアサイクルがあるので)

それを裏付ける口コミがこちらです。

30代後半になり髪の毛が気になってきたので心配になり1年以上内服続けてますが、髪にツヤとボリュームが出てきた実感があります!
美容室でも髪が健康と言われるまでになりました!(一部抜粋)

クチコミ引用元:Amazon
※現在Amazonではヘアバースは販売されていません

やはりお薬のように急激な作用は期待できない所がサプリメントにはありますが、体にやさしい作用なので効果を求めるならじっくり継続する事が大切だと思いました。

同じ効果なら3回飲むものが2回で済み、しかも自宅で完結するならそれに越した事は無いですよね、そうゆう意味ではパントガールよりもヘアバースの方が継続もしやすく効果も期待できました。

パントガールは効果ない!?

パントガールサプリは続け難かったと聞いていますが実際はどうでした?

実際、ヘアバースを使用する前にパントガールも試したんですが、毎回注文するのも大変ですし、クリニックに通うとなれば費用も掛かってくるのでもっと大変…。

なので継続して治療を続ける事ができなかったんです…(続けるだけでも結構大変でした)

また、パントガールは主に昼食後の飲み忘れが多くなってました(仕事中は忘れやすい)

結果的に効果も出なかったのかもしれません。

ヘアバースでもパントガールでも用法容量を守って継続する事が大切な事が口コミをみても分かりますね

強いストレスを長年に渡って受け続けた結果、ホルモンバランスの乱れが頭髪に出てしまいました。
日に日に薄くなっていく頭皮に恐怖を感じ、クリニックで治療を受ける事を決意しました。
びまん性脱毛と診断され、内服薬を処方されました。
パントガールという薬で、一日三回食後に服用することにより、抜け毛減少の効果があるという説明でした。
私の場合、効果を実感し始めたのは飲み始めてから4ヶ月ほど経ってからでした。
抜け毛が徐々に減っている事を実感できました。
劇的な効果は正直感じられませんでしたが、少しずつ抜け毛が改善されている事は実感出来ました。

クチコミ引用元:みん評

パントガールの代わりにルグゼバイブは飲もうと思わなかった?

ルグゼバイブはパントガールと同じように薄毛対策に有効とされていますが、ルグゼバイブの方はヘアバースと同様にスキンケア効果も期待できるためパントガールと違い使いやすいと思います。

特に大きな違いとしては馬プラセンタが配合されている点です。

しかし、購入に於いてはパントガールと同様に個人輸入などで購入できますが価格がパントガールと比較しても割高で偽物も多いと聞くので、効果の違いがなく購入が簡単なヘアバースサプリを選ぶ事が私には自然な流れでした。

インタビューまとめ

海外製のパントガールと比べてもヘアバースは国内生産で成分も殆ど変わらず、副作用が無い事も私にとっては大きなアドバンテージでした。

また、病院やクリニックに出向かわなくてもネット通販で気軽に購入できる点も評価が高いところですね

国産のパントガールと言っても良いかもしれません。

どちらも臨床試験もされたサプリなので症状にもよるかもしれませんが、効果を考えると継続する事さえできればヘアバースもパントガールも違いはないのかもしれません…。

私の個人的な意見を言うと、薄毛の改善・予防に於いては商品価格、成分や用法容量、購入のしやすさやそれに繫がる継続性、発毛促進効果、育毛効果、症状などを鑑みて決める必要があると思います。

そういう意味ではヘアバースサプリの方が私には合っていたと思います。

成分が変わらないなら結局は継続性が効果に直結すると感じました。

ヘアーバースサプリメントを使ってみたいと思いますか?

結果をみる

Loading ... Loading ...

ヘアバースとパントガール愛用者の声

ヘアバースとパントガールの愛用者の声の違いを紹介

ここではヘアバースサプリの良い口コミと悪い口コミ両方を抜粋しましたので参考にして頂ければ幸いです。

ヘアバースの口コミ

40代女性
5.0
30代後半になり髪の毛が気になってきたので心配になり1年以上内服続けてますが、髪にツヤとボリュームが出てきた実感があります!
美容室でも髪が健康と言われるまでになりました!
クリニックで購入していたのですが最近amazonで購入できるようになったので便利だなと思いレビューしました。 

やはり継続は力なりですね!この女性も1年間摂取してボリュームアップされたようです。

効果の出方には個人差があるので地道に取組むようにしましょう。

50代女性
3.5
私は50代ですがスマートフォンで注文するのが苦手でヘアーバースサプリの注文には四苦八苦しました。
ヘアーバースはネット注文でしか買えないのでお友達にも紹介し難く、買い物帰りに一緒にサプリ購入したい私としては紹介しにく商品ですね。
薬局やスーパーでヘアーバースを販売される予定はないのでしょうか?
効かないなら止めますが、3か月試したところ一応は効いてる感じはするので、後はサプリを買いやすくして頂きたいです。口コミは良いのに買いにくい点が難点ですね。

これはある種しかたない事かもしれませんね

パントガールよりも低価格に抑えようとすると市販店舗では採算が合わないのかもしれません。ネット通販でも簡単に購入できるようになっているので1度見てみる事をおすすめします。

こちらはパントガールサプリの良い口コミと悪い口コミを集めました。

パントガールの口コミ

45才女性
4.0
使い始めて3か月ですが、副作用もなく飲んでます。
飲み始めてすぐに、髪の質が良くなりサラサラになったのを実感しました。 そして今は少しずつ髪の毛が増えてきたかなぁって思えてきました。 今後が楽しみです。 まだまだ続けて飲んで見ようと思ってます。

ヘアバースと違いパントガールには副作用の報告例がありますが、ほぼ心配いらない事が口コミからも読み取れますね

医師の処方のもと摂取する事がパントガールを使用する上では大切です。

44才女性
2.5
飲み始めて3か月です。今のところ変化は感じられません。これから実感できるのかもしれませんが血液検査で変化がでてしまいました。 パントガールとの関係性は不明ですが、 CK(CPK)が30~170正常範囲のところ、723となってました。 (前月の検査では正常値内でした) 少し不安なので、継続は断念します。

パントガールでこのような口コミをみつけました。

個人輸入や輸入代行を使っての摂取は慎んだ方が良いかもしれません。

口コミまとめ

ヘアバースもパントガールも人気なだけに、口コミもさぞ多かろうと思って探しましたがあまり見つける事はできませんでした。

幾つかの悪い口コミも効果が無かったと言うよりも、販売店に関する事やご自身に合わなくて使用を断念したって口コミでした。

サプリなので口コミ自体は少ないですが、もう少し深掘りしたい方はご自身で探してみるのも良いかもしれませんね。

サプリのよくある疑問とその回答

ヘアバースとパントガールは、髪の健康をサポートするための製品として広く知られています。しかし、これらの製品については多くの疑問や質問があります。

以下に、よくある質問とその回答をまとめています。

Q:3~6ヶ月以上服用した方が良いのでしょうか?

A:髪の成長速度と関連して、最低でも3ヵ月間は服用した方が良いとされています。

髪は1日に約0.35ミリ成長し、1ヵ月で約1センチしか成長しません。

そのため、効果を計るためには最低でも3ヵ月以上は使い続けることが推奨されています。

Q:ヘアバースやパントガールとミノキシジルは併用できる?

A:パントガールもヘアバースも髪の成長に不可欠な栄養素です。一方、ミノキシジルは毛包に直接作用し髪の発毛効果を高めるので、ヘアバースやパントガールとミノキシジルを併用する事は効果を高める上でもおすすめできる方法です。

Q:Amazonで販売されてますか?

A:ヘアバースサプリメントは公式サイトとセレスクリニックのみで販売されています。一方、パントガールはクリニックか個人輸入のみの取扱いです。

Q:ルグゼバイブとパントガールは併用できる?

A:パントガールとルグゼバイブを併用しても問題ありません。

パントガールは薄毛対策に特化したサプリメントでルグゼバイブはパントガールに美容成分をプラス配合したサプリメントです。

Q:ヘアバースは男性でも飲めますか?

A:ヘアバースは男性でも女性でも摂取できます。一方、パントガールは特に女性のびまん性脱毛症に焦点を当てて作られています。

Q:効果を感じれば休止しても大丈夫でしょうか?

A:男性の薄毛も女性の薄毛も、一度効果があればその状態が永続するわけではありません。できる限り継続して飲み続けることが推奨されています。

Q:頭皮マッサージは有効ですか?

A:頭皮マッサージは発毛因子に作用することが分かっています。

こちらの記事を参考にしてみて下さい⇒【発毛効果】頭皮マッサージ半年続けた結果遂に髪が生えてきた!

【検証結果まとめ】ヘアバースとパントガールの違い

ヘアバースとパントガールの違いを比較し、それぞれ向き不向きをまとめていきたいと思います。

まずパントガールから…。

パントガール
  • 発毛促進・養毛・抜け毛対策向き
  • 医薬品のカテゴリー
  • 副作用の報告がある
  • クリニックか個人輸入で購入できる
  • 価格が割高

一方、ヘアバースに関しては…。

ヘアバース
  • 発毛促進・育毛・抜け毛対策向き
  • 通販で気軽に買える
  • 栄養補助食品のカテゴリー
  • 副作用はない
  • 公式サイト以外は偽物に注意
  • パントガールより割安

今回はヘアバースとパントガールの違いを解析してきましたがいかがだったでしょうか?

効果や価格、購入の手軽さ、返金保証などを考え自分にあったサプリから始めてみると良いでしょう。

どちらのサプリメントも薄毛対策できる反面、効果の有無を計るのには一定期間必要な事を理解して使うようにして下さい。

\ ヘアバースサプリ初回66%引き 2,980円 /

コメント