実践的ヤエン釣り情報サイトです。ヤエン釣りの楽しみ方やヤエン自作 釣果に繋げる考え方 釣り道具(竿/リール)や釣り服や釣りズボンに至るまで情報発信しています。

アジ活かしクーラーに水流ポンプ付けてみた【アジ活かしクーラー改】

アジ活かしクーラーに水流ポンプ付けてみた【アジ活かしクーラー改】

アジ活かしクーラーに水流ポンプ付けてみた

アジ活かしクーラーに水流発生装置を付けてみました。いままでフリーガー26lにプロテインスキマー2基をドライブさせ使ってきたんだけどアジ活かしクーラーにプロテインスキマー2基をフル稼働してもある季節だけ少し不安になっていました。その季節とは春です。春季や初夏は水温も上昇し海水に溶け込む酸素量がどうしても少なくなりがちになります。

特にプロテインスキマーを使用してる場合はその傾向があると思います。私自身、春に使用する活けアジは投げにくいですが特大を使う事が多いので(今年は特にデカかった)26lのアジ活かしクーラーに20匹~入れ、エアポンプをフル稼働させても水温が高いと酸欠気味傾向になるのは否めない所です。アジスカリなど海中に沈めても問題ないシチュエーションなら良いのですが磯が中心の私にとっては荷物や洗い物を極力少なくできる方法で快適に活けアジ管理をしたいと思っています。

アジ活かしクーラーに水流ポンプ付けてみた【アジ活かしクーラー改】

ちなみに皆さんは春(初夏)の活けアジ管理はどうされてますか?

ま~アジ活かしクーラーに入れる量を少なくすれば問題は解決されますが少ないと心もとない場合も多々あるし、かと言って買い足すのも直ぐに出来ない場合もあったりと何かと不便ですよね

そこで前々から考えてた(レイとモンチとアオリイカを執筆されてる方を参考に)水流発生装置を使ってプロテインスキマーから排出した海水を水流モーターの力で強制循環させアジ活かしクーラー内に酸素を行き渡らせる作戦です。

また、注ぎ込む方式を取る事により曝気効果と水流両面で効果が期待できるのもポンプを使うメリットと思います。

【水中ポンプ使用目的】

①アジ活かしクーラー内に均一に酸素を行き渡らせる
②水流を発生させアジの向きを一定方向に向ける
③他の人のアジ活かしクーラーと差別化
④水中ポンプを水面より上に設置し曝気する事による酸素供給と水の音を楽しむw

上記4点を目的に今回、水流ポンプを導入する事にしましたw

この水流ポンプの一番の要は水流ポンプの電源をどこから取るのかって事でしたが便利な世の中になりましたね~ポンプの配線を改造しなくても最初から水中ポンプ自体にUSB端子が付いててモバイルバッテリーから電源を取るものが販売されていました

値段でみればそれこそ1,000円台の商品から300円位の物までいろいろな水中ポンプが有りましたが価格による性能の違いは感じられませんでした。ただ取水方法2種類有りまして下記①②のタイプです。

ポンプによって揚程、最大流量やボルト、アンペアが違いますので購入する場合は確認し自分に合った水中ポンプを購入するようにしましょう!


①本体自体にスリットが入っているタイプ

最大流量180L/H 揚程1m



②本体から取水管が出ているタイプ

最大流量250L/H 揚程2m

揚程(ようてい)

ポンプは流体を低いところから高いところへ移送する、または圧力を加えるため機械です。どれだけの高さを吸い上げるか、あるいは押し上げるか、またいくらの圧力を加えるのかの数値を知ることで、それに適した性能のポンプを選ぶことができます。

図1 揚程説明図


どちらにしようか迷いましたが最大流量、揚程、アンペア数、本体から取水管が出て延長パイプを装着できる②のタイプにしました。

アジ活かしクーラーに水流ポンプ付けてみた【アジ活かしクーラー改】
スペックを簡単に説明しておきますと

説明:
IP68防水グレード、水中に完全に潜水可能。
フィルター付きで、注入口をふさがないでください。
0℃から100℃までの広い温度抵抗範囲
水族館、車の冷却、加湿器、エアコン、その他の冷却および循環システムで使用されます。

仕様:
ブランド:Decdeal
モデル:QR50A
ポンプ材質:PC + ABS
カラー:ブラック
ケーブル長:約150cm / 4.92in
入口直径:8 mm / 0.33 in
出口の直径:8mm / 0.33in
製品サイズ:60 * 49 * 45 mm / 2.36 * 1.9 * 1.77インチ
定格電圧:DC 5V
定格電流:480ミリアンペア
消費電力:2.4W
最大流量:250L / H
最大リフト:200cm / 6.56ft
ノイズ:35デシベル未満
防水クラス:IP68
最大液温:100℃

  • ブラシレス永久磁石ロータ。
  • 低消費電力、低ノイズ(35db以下)
  • 水陸両用の設計、水中設置と完全防水。
  • 底に4つのゴムの吸盤は、滑らかな表面に吸着し、騒音と振動を減らすことができます。
  • エナメル線コイルと回路基板はエポキシ樹脂で封止されています。

スペック表の防水規格IP68とは防塵防水の規格を表す国際基準のIPコードです。

一つ目の数字が防塵で二つ目の数字が防水の様です。中華製なのでどこまで防水力や耐久力が有るのかは分かりませんがこの手の水中ポンプの殆どが中華製なので信じるしか有りませんねw

ま~400円位なんでワンシーズン持てばいいかな・・・

中国から送付される都合上、ポスト投函されるまで日数はメチャクチャ掛かりますので早く欲しい人は1,000円台の商品を頼むか逆算して頼んだ方がいいですw

アジ活かしクーラーに水流ポンプ付けてみた【アジ活かしクーラー改】

防塵規格一覧

  • IP0X:無保護
  • IP1X:直径50.0mmの外来固形物まで保護(手など)
  • IP2X:直径12.5mmの外来固形物まで保護(指先など)
  • IP3X:直径2.5mmの外来固形物まで保護(工具やワイヤーなど)
  • IP4X:直径1.0mmの外来固形物まで保護(ワイヤーなど)
  • IP5X:粉塵が内部に侵入せず、若干侵入しても正常運転を阻害しない
  • IP6X:粉塵が内部に侵入しない

防水規格一覧

IPX1(防滴Ⅰ形)

IPX1は、滴下する水に対する保護を規定している。滴水試験装置で1[mm/min]の水の鉛直滴下を10分間実施し、機器への浸水がないことを確認する。防水性能を規定した電気機器においては、もっとも簡易な防水性能である。

IPX2(防滴Ⅱ形)

IPX2は、15°傾斜した時落下する水に対する保護を規定している。滴水試験装置で3[mm/min]の水の滴下を、電気機器を15°傾けて実施する。各方向から2.5分間ずつ、計10分間の散水試験を行う。

IPX3(防雨形)

IPX3は、噴霧水に対する保護を規定している。オシレーティングチューブまたは散水ノズルを用いた散水装置で、各散水口あたり0.07L/minの水量をもって、鉛直方向から両側60°までの角度で10分間散水を行い、浸水がないことを確認する。

200mmのオシレーティングチューブで散水孔が8つ、0.07L/minの散水能力であれば、1分あたり0.56Lの放水が可能である。

IPX4(防沫形)

IPX4は、飛沫に対する保護を規定している。同様の散水装置を用い、各散水口あたり0.07L/minの水量で、あらゆる角度からの散水を行い、最低5分間の散水で浸水がないことを確認する。

IPX5(防噴流形)

IPX5は、噴流水に対する保護を規定している。φ6.3の放水ノズルから放出される12.5L/minの水流を、あらゆる方向から、外皮表面積1m2あたり1分間、延べ3分間以上の散水を行い、浸水がないことを確認する。

IPX6(耐水形)

IPX6は、波浪に対する保護を規定している。φ12.5の放水ノズルから放出される100L/minの水流を、あらゆる方向から、外皮表面積1m2あたり1分間、延べ3分間以上の散水を行い、浸水がないことを確認する。

IPX7(防浸形)

IPX7は、水中への浸漬に対する保護を規定している。水深1mの水槽に、電気機器を30分間没し、浸水がないことを確認する。

防水仕様の携帯電話など、一時的な水没に対して保護されている電気機器は、IPX7以上の性能を持たせている。常時水没する場所でIPX7の性能は不足のため、IPX8または特殊機能が必要となる。

IPX8(水中形)

IPX8は、水没に対する保護を規定している。水没した電気機器が何分に渡りどれだけの水圧に耐えるかについては、メーカーと機器使用者が協議により取り決めた試験方法による。連続的に水中に置かれる場合に浸水しない性能が必要で、完全密閉構造が原則となる。

水中ポンプにはキスゴムが4つ付いているのでこのままクーラーボックス側面に装着する事が出来ますので便利です。

アジ活かしクーラーに水流ポンプ付けてみた

配線はそれほど太くもないので上からそのままフタを閉めても問題ないと思いますが要検証ですかね

なんせこれ以上アジ活かしクーラーに穴を開けたく無かったんで今回はこの方法を取りましたが万が一断線の恐れがあるならフタと本体の隙間を少しだけ削れば問題ないかな~と思ってます。削るのはフタ側と本体側の接触するミミ部分です。

コチラの水中ポンプを稼働させるのは10000mAhのモバイルバッテリーです。 30%ロスを考えて5v 0.48Aで動かせば理論上は14時間位ドライブ可能かなと思っていますw

モバイルバッテリーの品質にもよるので何とも言い難いのですがコチラのモバイルバッテリーは割引適用し1,400円位ですのでそこまでの性能は期待できないかもしれませんね

最悪はダイソーのモバイルバッテリーを予備に対応するか、もう一つ同じモバイルバッテリーを購入するか考えてみます。

モバイルバッテリーの蓄電量さえクリアー出来れば連荘釣行の時なんかは本体充電(モバイルバッテリー)は車のシガーから充電すれば問題なさそうなんですけど動かしてみない事には分からないので今後の課題とします。(2019年9月1日改編)

モバイルバッテリーは二つ10000mAhを買ったんですが比べてみたところTSUNEO モバイルバッテリーの方が蓄電量は多い様です。

残量確認は数字で表記されるDOZZI モバイルバッテリー の方が分かり易いですが実際に使った感想とロス率検証ではTSUNEOが5500mAhでロス率45%ほどでDOZZI モバイルバッテリーは3500mAhはロス率65%位です。なので1台のモバイルバッテリーでの水中ポンプ稼働時間は倍まではいかないですがTSUNEO モバイルバッテリーの方が長く動きます。

気になる所としてはTSUNEOモバイルバッテリーは縦に長いですがUSB差込口が横に付いてるのでDOZZI モバイルバッテリーにUSBケーブルを挿し込んだ状態と長さは変わらないくらいw

両方共に差込口は2つ有り充電時間も量っては無いですが変わらない位かTSUNEOの方が少し早いかもしれません。

 

2019/11/15時点でDOZZI モバイルバッテリーは販売されてりません。



アジ活かしクーラーにモバイルバッテリーケースを付ける。タッパーやけどw

アジ活かしクーラーに水流ポンプ付けてみた【アジ活かしクーラー改】

今回、モバイルバッテリーケースに使うタッパーは余りに大きすぎると車載ケースに入らなくなりますので出来る限り薄くて小さいモノを探しまくりましたw


  『アジバケツやアジ活かしクーラー輸送時の水漏れ対策!あれば超便利なアジバケツ輸送時に使う防水ケース』
アジ活かしクーラーやアジバケツを車に積む際の必需品!? これがないとカーブを曲がる度にハラハラドキドキ!あれば超便利なアジバケツ輸送時に使う防水ケース
 

USB端子の大きさや縦装着(写真は横装着)しても大丈夫な大きさ探しに苦労しましたが得意の100均キャンドゥで見つけましたw

完全防水にはなっていませんので雨天時には差込口を下に向ける必要があるんですがまぁまぁかなw

電気関係詳しい人居たら教えて欲しいなぁ~ こんなんあるで~って。。。

水中ポンプの配線も長いし切断して接続自体をタッパー外で付ける方法も考えたんですが電気が通る所が濡れてはマズいと思い止めておき一番シンプルな方法を取りました(USB端子デカ過ぎ)

アジ活かしクーラーに水流ポンプ付けてみた【アジ活かしクーラー改】アジ活かしクーラーに水流ポンプ付けてみた【アジ活かしクーラー改】

アジ活かしクーラーに水流ポンプ付けてみた【アジ活かしクーラー改】

アジ活かしクーラーにモバイルバッテリーケース(ただのタッパーやけど)の取り付け方法

アジ活かしクーラーにモバイルバッテリーケースを取り付ける際はビスでもなくマジックテープでも無くキスゴムでの装着としました。この方法なら上面、側面関係なく取り付け可能になります。

モバイルバッテリー自体が少し重いのでシッカリ付くか不安でしたが小さめのキスゴムを2か所取り付けでソコソコ頑丈に付いたのではないでしょうか?

ビス止めを止めたのは以下の理由です。

  1. これ以上穴を開けたくなかったのとモバイルバッテリーケース自体を上面&側面に自在に付けれるようにしたかった為
  2. アジ活かしクーラーから着脱が簡単に出来る為
  3. 地磯探訪時、何かに引っ掛かっても取れるようにする為 (ビスで直止めだと穴も開けるし引っ掛かったりするとビス自体がもげたりする)

アジ活かしクーラーに取り付けいよいよ動作確認

アジ活かしクーラーに水流ポンプ付けてみた【アジ活かしクーラー改】

取水口延長まではまだ手が回っていませんのでご了承下さい。水中ポンプ自体にアジのウロコなどが入るとパワーダウンするみたいなんで将来的には延長パイプを付けてフィルターも装着したいですね、このまま使うとアジのウロコなどが中に入ってモーターパワーが落ちてくるかもしれませんね。


  アジ活かしクーラーに付けてる水流ポンプにフィルター装着 | あきブログ ヤエン釣り情報サイト
先日、夏アオリを釣りに行った際のアジ活かしクーラーに装着してた水流ポンプに付ける延長パイプとフィルターのインプレです
 

この中華製水中ポンプの最大流量は250l/hなのでかなりの循環力が有りそうですのでスキマーから排出された海水がまんべんなくアジ活かしクーラーに行き渡らせられそうですw

水道水ですがベランダで動画を撮ってみました。

水流目安にミノーを泳がしてますので参考にしてみて下さい。

この水中ポンプは水に浸けてもいいですし動画の44秒あたりのように排水管を水面から出しても使えます。海水吹き出し口を水面から出して使う方が曝気効果がでて高水温になりがちな春から初夏には特に有効かもしれませんね。カメの飼育や金魚飼育なんかでも重宝されてる様です。

アジ活かしクーラーに水流ポンプ付けてみた

曝気(ばっき)とは、読んで字のごとく、空気に曝(さら)すことです。金魚の飼育では主に、飼育水を空気にさらして、水中に酸素を供給することを指します。

http://tinkle.jp/Plone/kingyo/bakki

水中ポンプならではの効果で排出管が水面下でも水面上でもポンプ力が有るので効果が高いと思いますが酸素供給も考えて曝気させるなら水面上に出しても良いかもしれません。以前(かなり昔)にエアーリフト式を使用していた事もありますが自宅水槽の様に水位が変化しないなら使えるかもしれませんが水替え等での水位変化やプロテインスキマー使用での水位変動など、水位が落ち着かない釣りでの使用には向いていないと思いますし言うほどの水流も期待できなかった。

エアーリフト式は排水管(吹き出し口)の半分弱を水面に出して使うので全部沈むと単にポコポコなるだけですし水位が低すぎると水をリフト(上げる)するだけの力が有りません。

又、エアーリフト式はフィルターケースが付いてる事がしばしばですが。この濾過方法は生物濾過を目的にしており釣りでの使用では生物濾過も期待できないので水質改善はプロテインスキマー2基でおこない水流はポンプでおこなう事がもっとも理想に近いね。

実践で使ってないので今は何とも言えませんが本番使用まで模索したいと思います。

 

この辺りで失礼します。

お付き合い頂きありがとうございます。

この記事が何かのキッカケになれば幸いです。

リライト:2019/11/17

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

管理人のあきです
京都市在住のフリーランス
色々な釣りを経験した後にヤエン釣りに辿り着きましたwこれから釣りを始めようと思っている初心者アングラーを応援しています。
 

プロフィールをもっと見る
 

自己記録 アオリイカ4.4㎏

 

日時 : 2017年4月4日 PM23:00頃

場所 : 和歌山県すさみ町

潮 : 小潮

月齢  : 半月

波  : 14:00~17:00北西の風やや強18:00頃より凪

【使用タックル】

ロッド : SIMANOボーダレスBB 4.6MH

リール : 11BBXデスピナ C3000D XG

ライン : SIMANO PEライン G5 0.8号

リーダ : SUNLINE FCスナイパー 10LB

ヤエン : オリジナルPTFE跳ね上げローラーヤエン

https://ameblo.jp/404aki404/entry-12263105772.html

カテゴリー

アーカイブ

ブッシュ通知

Chinese (Simplified)EnglishFilipinoGermanIndonesianJapaneseKoreanThaiVietnamese